world-mommy

ライター紹介 ライター一覧>

  • 望月 ライチ

    望月 ライチ

    Raichi Mochizuki


    出版社勤務を経てフリーの編集者、ライターとして活動。
    主に女性のライフ&ワークスタイルを中心に雑誌、ウェブ、書籍で執筆中。
    都内在住、1児の母。

  • このつらさ、いつまで続くの?<br />つわりの原因と対策

    このつらさ、いつまで続くの?
    つわりの原因と対策

    2017.03.31 Raichi Mochizuki

    妊娠・出産

    おめでたがわかって、母になる喜びをかみしめるのもつかの間、まもなくやってくる「つわり」のつらさに悩まされている人、いませんか? 吐き気や疲れやすさ、食欲不振、だるさなど不快な症状を伴う「つわり」は、妊娠8週前後から多くの人が自覚するもの。そもそも、つわりが起こる原因となるのは、子宮の組織から活発に分泌されるようになるホルモン(hCG=ヒト絨毛性ゴナドトロピン)。妊娠を機に受精卵を発育させることを目... Read More

  • 「食べないとダメ」なタイプも<br />妊娠初期のつわりの種類

    「食べないとダメ」なタイプも
    妊娠初期のつわりの種類

    2017.03.29 Raichi Mochizuki

    妊娠・出産

    妊娠8週頃から多くの人が感じるようになる不快な症状、「つわり」。妊娠14週頃から症状が落ち着いてくるものの、つらい症状が続く時期には「早く過ぎてほしい!」と祈りたくなるものですね。その症状の出方や程度に関しては、まったく食べ物を受け付けなくなる人から、「食べないと気持ち悪くなる」という人まで個人差があります。代表的なつわりの種類をまとめます。 食べものの好みが変わる つわりの時期には妊娠前とは... Read More

  • 「ずっと残るの?」と気になったら受診を<br />赤ちゃんの生まれつきの「あざ」

    「ずっと残るの?」と気になったら受診を
    赤ちゃんの生まれつきの「あざ」

    2017.03.17 Raichi Mochizuki

    育児・健康

    「あざ」は生まれつきの血管色素細胞の部分的な異常によって起こるもの。日本人の新生児にほぼ100%見られる「蒙古斑」のように、多くの赤ちゃんに見られてやがて消えていくというものもありますが、一生のお付き合いになるものもあります。 その多くが痛みを伴わず健康への影響はないものですが、親としては「一生残るのかな?」「きれいに消せる治療法はあるのかな?」と気になってしまうかもしれませんね。また、あざの中... Read More

  • 「キー!」が止まらない赤ちゃんのかんしゃく、どうしたらいいの?

    「キー!」が止まらない赤ちゃんのかんしゃく、どうしたらいいの?

    2017.03.14 Raichi Mochizuki

    育児・健康

    笑ったり、泣いたり、初めて見るものに対して不思議そうな顔をしたり。赤ちゃんの表情や感情表現が日に日に豊かになっていくことは、成長の証としてとてもうれしいものですね。 でも、中にはどう対応したらいいか困ってしまう感情表現もあります。生後10ヶ月を過ぎる頃から1歳くらいにかけて目立ってくる「かんしゃく」がそれです。 思い通りにいかないことがあると、「キーッ!」と金切り声をあげたり、床をたたく、物を投... Read More

  • 子どもが食べてくれない!<br />「偏食」を解決するヒント

    子どもが食べてくれない!
    「偏食」を解決するヒント

    2017.03.11 Raichi Mochizuki

    しつけ・教育

    離乳食が進み、だんだんと大人と近い食事ができてくるようになると、新たな悩みが出てくる人もいるでしょう。その代表例が「偏食」。かくいう筆者も、子どもがキュウリばかりを好んで食べる時期に「せっかくいろいろ作っているのにどうして食べてくれないの……?」と悩んだことがありました。 子どもの「好き嫌い」や「ばっかり食べ(特定の食品ばかり食べること)」について調べてみると、どうや... Read More

  • 春の紫外線に要注意!<br />赤ちゃんのUVケア

    春の紫外線に要注意!
    赤ちゃんのUVケア

    2017.03.05 Raichi Mochizuki

    育児・健康

    春が近づき暖かくなってくると、赤ちゃんとのお出かけも楽しくなりますね。太陽の光を浴びながらのお散歩や体を思い切り動かせる遊びの時間は、赤ちゃんにとってもリフレッシュとなり、発達にもプラスの効果がたくさんあります。 でも、ここで気をつけたいのが、赤ちゃんの「UVケア」。 春は紫外線量が増え、日焼けのダメージを受けやすくなる季節です。紫外線を一度にたくさん浴びると日焼けをするだけなく、皮膚がんのリスク... Read More

  • 安心子育ての家づくり<br />「室内の危険」を防ぐコツ

    安心子育ての家づくり
    「室内の危険」を防ぐコツ

    2017.02.28 Raichi Mochizuki

    育児・健康

    赤ちゃんがハイハイをするようになったり、歩けるようになったりすると、家の中での行動範囲もぐんと広がっていきます。加えて、赤ちゃんは好奇心のかたまり。気になったものは何でも「見てみたい」「触ってみたい」という気持ちがわいて、大人が思いがけない行動をとることも。 目を離したちょっとした時間に、浴室やキッチンで事故を起こしてしまっては大変です。「赤ちゃんにとって安全か?」という視点で、部屋の環境を整えて... Read More

  • 元気で活発な子ほど要注意!<br />赤ちゃんのやけど応急手当て

    元気で活発な子ほど要注意!
    赤ちゃんのやけど応急手当て

    2017.02.27 Raichi Mochizuki

    育児・健康

    生後6ヶ月を過ぎ、赤ちゃんがだんだんと活発に動き回るようになってくると、成長がうれしく感じられる半面、それまでになかった心配事も増えてきますね。 家の中をあちこち歩き回って、壁や家具にぶつかったり。特に気をつけたいのが、熱いものに触ったりぶつかったりした時のやけどのリスクです。 やかんやポット、フライパン、炊飯器の蒸気、熱いシャワーやアイロン、ヒーターなど、家庭の中にはやけどを引き起こすものがた... Read More

  • 赤ちゃんがよく吐くのはなぜ?<br />嘔吐のホームケアと受診の目安

    赤ちゃんがよく吐くのはなぜ?
    嘔吐のホームケアと受診の目安

    2017.02.25 Raichi Mochizuki

    育児・健康

    赤ちゃんが大人と比べて頻繁に吐き戻すのは、胃の形が未発達だから。大人の胃のようにくびれた形ではなくストレートで、また、「噴門」といわれる胃の入り口にある筋肉がまだ弱いので、胃の中のものが落ち着かずに、ちょっとした刺激でも逆流しやすくなるのです。 だから、授乳後にお腹を圧迫されたはずみやゲップの時に一緒に母乳やミルクが出てしまう程度の吐き戻しは気にしなくても大丈夫。頻繁であっても、毎日きげんがよく、... Read More

  • 赤ちゃんのお腹が心配!<br />下痢の原因と対処法

    赤ちゃんのお腹が心配!
    下痢の原因と対処法

    2017.02.22 Raichi Mochizuki

    育児・健康

    言葉で自分の不調を訴えることができない赤ちゃんにとって、毎日の排泄は健康状態をチェックする上でとても重要な目安になります。ビギナーママにとっては特に気になるのが「下痢」の症状ではないでしょうか。いつもよりゆるめのうんちが出ると、「何か悪い病気?」「どうしたらいいの?」と慌ててしまいますね。 でも、赤ちゃんのうんちはもともとゆるめで回数が多いのが特徴。母乳やミルクだけをとっているため便の水分量は自然... Read More

ttl_category

bnr_facebook bnr_instagram

ttl_ranking

O