子連れでバーベキューを楽しもう! さて、何を持って行く?

2018.08.06 北野 啓太郎 ライフスタイル ママ・パパ通信

 

こんにちは。3歳男児を子育て中、男性視点の子育てサイト「パパやる」を運営する北野啓太郎です。日本は一年を通じて寒暖差があり、真冬は雪が降りますが、真夏には35度を超える猛暑日も少なくありません。ですから、春から秋にかけて、特に、外遊びを楽しみます。

さて今回は、外遊びの代表格! 子連れで楽しみたい、バーベキューについてお伝えします。

子連れでアウトドア 持って行きたいお役立ちグッズ

 

子連れでお出かけする際は、できるだけコンパクトで役立つものを持って行きたいですよね。ここでは、僕が実際に使ってみて役に立った3つのグッズを紹介します。

【1】ガス管式シングルバーナー

日本でバーベキューといえば、炭火焼きが一般的です。でも炭の場合、火を起こすまでが大変だし、後片付けも面倒です。だけど、ガスバーナーがあれば、とてもお手軽! いろんなタイプがあるのですが、おすすめはカセットボンベをつなぐシングルタイプのガスバーナーです。手のひらサイズのコンパクトさで、火力は充分。バーナーの上にフライパンや鍋を置いて、自由に調理をすることができます。設置場所も、テーブルの上でもOKと、重宝しますよ。しかも、本体とカセットボンベを合わせても、重量は1kg以下と超軽量なんです。

【2】ポップアップテント

たった数秒で開くことができるテントがあります。テントといえば組み立てが面倒というイメージがありますが、ポップアップテント(ワンタッチテント)は一瞬! ケースから取り出して、パッと開けばテントになります。しかも軽量なので、持ち運びにも便利です。

子どもをアウトドアに連れて行く場合、お昼寝をする場合があります。そんなとき、炎天下で寝かせるわけには行きませんよね。テントの中であれば、暑さや直射日光を防ぐことができ、また突然の雨にも役立ちます。サイズは1〜2名用の小さなもので良いでしょう。

3】シャボン玉、ボールなどのおもちゃ

子どもの遊び道具も忘れずに。せっかくのアウドトアですので、のびのびと遊ぶおもちゃを持って行きましょう。お子さんの興味に合わせて選べば良いのですが、コンパクトで楽しめるおすすめのおもちゃは、シャボン玉とボールです。

シャボン玉は、大きなものや一度に大量に作れるものを持って行くとより楽しめます。またボールはちょっと大きめの、バレーボールほどのサイズが良いでしょう。投げたり、蹴ったり、両方楽しめるからです。

子連れでアウトドア 注意すべき場所

 

次は、場所選びについて。大人だけのアウトドアであれば、自由に選べば良いですが、子連れの場合はそうは行きません。なぜなら、子どもたちへのコントロールがきかず、自由に駆け回るので事故の危険性があるからです。

そのため、川沿いや海沿いなどは注意が必要です。足を滑らせたり、急な深みにはまったりして、溺れるリスクを減らしましょう。また、野山であっても、崖など落ちる危険性がある場所は避けてください。

子どもをしっかりと見守るのは大切なことですが、終始目を離さないというのは不可能です。ですので、事前に危険が少ない場所で楽しむのが肝心です。

野外で食事をするだけで、一気に楽しくなりますね!みなさんも、是非バーベキューを楽しんでみてくださいね!