ママと赤ちゃんの体をタバコの害から守ろう
―知らないととても怖い喫煙リスク

2018.06.28 Keiko 育児・健康

Photo by Shutterstock.com

今回はタバコを吸うこと、近くにタバコを吸う人がいることで、お母さんと赤ちゃんの体にどのような影響があるのかをお伝えしたいと思います。

ご自身が喫煙者ではなくとも、受動喫煙による影響はとても深刻です。お母さんとして赤ちゃんの命を守るためにも、ぜひ知識を備えましょう。

意外!?遅れをとる日本の喫煙状況

Photo by Shutterstock.com

日本で男性の喫煙率は1960年代頃のピーク時の約80%に比べると、2017年では約28%と減少傾向にあります。一方、女性の喫煙率は、2017年で約9%とされており、1960年代からほぼ横ばいで推移しているとされています(1*)。

喫煙が体に悪いというイメージが段々と社会的に周知され、法的な規制や公共の場での分煙対策が徐々に進み、喫煙率は全体では低下傾向にあるものの、日本でのタバコに関連したとみられる死亡はまだまだ増加傾向にあります。そして、2000年には114,200人ものタバコ関連死があったと言われています(2*)。

2004年にアイルランドが屋内の公共空間を禁煙と定めて以来、世界49ヶ国もの国々が屋内完全禁煙法を定めている(2015年時点)状況に対して、日本での対策は半世紀ほど遅れをとっていると言われています。自分たちで知識を持ち、身を守って行くことがとても大切なのです。

タバコが体に与える影響

Photo by Shutterstock.com

タバコを吸うと肺がんになるリスクが上がるというイメージは多くの方がお持ちかと思います。しかし、実は、自分でタバコを吸うことに限らず、近くで吸っている人の煙を吸うことによる受動喫煙が、全身の臓器に影響し、健康被害を生じるとされています。

 

「喫煙により引き起こされる」と判定された健康影響
(根拠が強いと考えられるもの)

疾患名及び発症部位および影響

がん:膀胱・子宮頚部・食道・腎臓・咽頭・肺・口腔・膵臓・胃・血液(白血病)

循環器疾患:腹部大動脈瘤・動脈硬化・脳血管疾患・冠状動脈疾患

呼吸器疾患:慢性閉塞性肺疾患・肺炎・子宮内での呼吸器への影響(肺機能障害)・小児/青年期の呼吸への影響(肺機能障害/呼吸器症状/喘息症状)・成人の呼吸器への影響(肺機能障害)・その他(呼吸器症状)

生殖器における疾患:胎児死亡・死産・生殖機能低下・低出生体重・妊娠の合併症

その他:白内障・大腿部骨折・低骨密度・消化性潰瘍・健康状態の減弱/有病

(米国公衆衛生総監報告書,2014,CDC/2004 Surgeon General’s Report/厚生労働省HPより引用)

妊娠中に関連する疾患

タバコの煙には約4000種類の化学物質、約200種類の有害物質、60種類以上の発ガン性物質が含まれているとされています。

特にニコチンは、お母さんの血管を収縮させることで、赤ちゃんを守る子宮、赤ちゃんへ栄養を送る胎盤への血流量を減少させ、赤ちゃんが十分に酸素や栄養を確保できない事態を招きます。また、一酸化炭素も、血液中の酸素を運ぶ力を低下させることから、赤ちゃんは低酸素状態となります。体重を増やすこともできず、発育の妨げにもなります。

喫煙しない妊婦さんに比べ、喫煙する妊婦さんから生まれた赤ちゃんは、低出生体重児であるリスクが約2倍であり(3*)、自然流産の発生率も約2倍、早産率は約1.5倍(4*)、周産期死亡率は約1.4倍高くなると言われています。

また、先天性異常を持って生まれるリスクや、出生後に喘息をはじめとした呼吸器症状を発症するリスクも高くなります。

どうしたらいいの?

Photo by Shutterstock.com

喫煙習慣のあるお母さんは、妊娠を機に、禁煙しましょう。そして、ご自身に喫煙習慣がないお母さんでも、自分と赤ちゃんの身を守るために受動喫煙を避ける意識が必要となります。

病棟勤務をしながら、多くの患者が喫煙習慣に苦しむ姿を目の当たりにし、側で励ましながらとてもいたたまれない気もちになりました。「もっと早く禁煙していれば。」「体に悪いと知っていれば。」と。そして、今でも、喫煙や受動喫煙の影響により病気が発症した時の辛さを知らずに喫煙している方が沢山いることを、とても残念に思います。

呼吸することは、人間が生きることの喜びでもあり、体と心を整える大切な要素です。赤ちゃんという命を授かった奇跡を慈しみ、沢山のお母さんが心地よい生活を送れますように。

1* JT全国喫煙者調査
2* Peto, Lopez, et   al.1992,1994,2000update.Mortality from smoking in Developed Countries 1950-2000
3* Hopkinson JM, et al:Milk production by mothers of premature infants, influence of cigarette  smoking. Pediatrics 1992;90: 934-938.
4* Meyer MB:Effects of maternal smoking and attitude on birth weight and gestation. In Reed  DM,Stanley FJ (ed) :The Epidemiology of Prematurity, Urban and Schwartzenberg, Munich,  1977;81-84.