ママだって習い事がしたい!
子連れでエンジョイ、自分時間

2018.06.06 Risako ライフスタイル ママ・パパ通信

Photo by Shutterstock.com

赤ちゃんが生まれた途端、生活が一変!毎日赤ちゃんのお世話に明け暮れ、産前のようにお友達に会ったり、ショッピングをしたり、ましてや自分の習い事からは遠ざかってしまいますよね。私も、出産を終えてしばらくの間は、そういった一人でした。

里帰り出産から自宅に戻ると、日中は娘と私だけの二人の生活が始まりました。スーパーに買い出しに行ってお散歩する毎日に、少し変化が欲しくなり、赤ちゃん連れでも大丈夫な習い事を始めたいと考えるようになりました。

 今回は 私がヨガスタジオに通うようになったきっかけと、実際に通ってみて良かった点をご紹介したいと思います。

ママの習い事って?

ママの習い事で人気が高いのは ヨガやピラティス。また、ポーセラーツ(マイブランドのテーブルウェアを作るハンドクラフト)や、子供を可愛く撮りたいママ向けの写真講座なども人気があるようです。

ちなみに、赤ちゃんの習い事だと ベビースイミング、ベビーサイン(赤ちゃんと手や指を使った簡単なジェスチャーで会話をする育児方法)、ベビーマッサージ、英会話、リトミックなどから始める方も多いようですね。

独身時代の習い事を再開

Photo by Shutterstock.com

私は、独身時代にヨガスタジオに通っていました。当時は、自分の身体と向き合う時間が気分転換になっていたのですが、結婚を機に離れてしまいました。

産後は自分の体力や筋力の低下を痛感したり、毎日の授乳で肩が凝って辛かったり…。そこで、娘が6か月になった頃に近所にあるヨガスタジオのママヨガクラスの体験レッスンを申し込みました。

赤ちゃん連れでヨガなんて出来るの?と不安もありましたが、そんな心配は全く不要でした。赤ちゃん連れのクラスを受け持つ先生は、先輩ママだったのです!ですから、ベビーバウンサーやバンボチェア、メリーや沢山のおもちゃが用意されていて、一緒に連れて行った子どもへの配慮が行き届いていることに、とても驚きました。この環境なら安心して体を動かすことができ、子供たちも飽きずに過ごしてくれそうだなと思えたので、通い始めることにしました。

このことを友人に話すと ヨガ教室でこんなに赤ちゃんグッズが豊富な教室は珍しいそうです。ですから、安心してママが習い事を出来る環境かどうか、安全面も含めて、事前に確認することをオススメします。そして、夢中になり過ぎて、赤ちゃんから完全に目を離すことがないように…。

ヨガ教室はお悩み相談室! 

Photo by Shutterstock.com

私が通っているヨガ教室では、レッスンの最初に、ママ同士が自己紹介をし、最近の悩みを話す時間が設けられています。ママたちの悩みは様々で  体重が落ちない、子供が離乳食を食べてくれない、夜泣きが始まった、夜間の断乳を始めようかどうしようかなど。

育児書やネットで調べてみるのも参考になりますが、一人で悩んでいるより、直接アドバイスを聞けるのはとても有り難く、改めて相談しなくても、いつの間にか皆さんと悩みを共有できる貴重な場にもなりました。

ヨガ教室に通うようになって良かった点は、 

  • 外出の機会を持てること
  • 自分のための時間を持てること
  • 自分の子供と近い月齢のママと会えること
  • 子供同士も遊べること
  • 子供の成長を 講師や他の生徒さんと共有できること です。

ヨガ教室では 平日の日中クラスですと、マタニティクラスやベビーマッサージつきのクラスがあるところや、子供の月齢でクラス分けをしている教室もあります。

行政が企画しているものやママサークルのヨガイベントなどもありますよ。

ママになると、あらゆる面で子供優先の毎日になりがちで、一人でゆっくり過ごせる時間なんてなくなります。週に一回、いや一カ月に一回でも自分時間を作って、楽しく育児をしていけたら良いですね。