3歳児でもできた! 5回折るだけ、簡単折り紙「バス」「きつね」

2018.06.02 北野 啓太郎 しつけ・教育 ママ・パパ通信

Photo by Shutterstock.com

こんにちは。3歳男児を子育て中、男性視点の子育てサイト「パパやる」を運営する北野啓太郎です。

最近息子は、保育園でよく折り紙を習ってきます。完成品をパパとママに見せてくれるだけでなく、実際に自宅で作り方を披露してくれるようになりました。今回は、そんな3歳の息子でも出来る、簡単な折り紙を2つご紹介します。

用意するのは、折り紙とペンだけ。折り方も簡単で、5回折るだけで出来ちゃいます。室内遊びに悩んだときは、ぜひやってみてくださいね。

折り紙「バス」の作り方

 

1.まず、折り紙を裏向きに置きます。

 

2.  縦に半分に折ったら開いて、折り目を付けます。

 
 

3.折り紙の下辺を上辺に重ねるように2つに折ります。        

 

4.上の紙を、手前に半分に折ります。

 

5.折った紙の端を外側に向けて三角に折ります。真ん中の折り目を目印にしましょう。

 
 

6.裏返せば、完成です!

 

7. 窓やドアなど、ペンで自由にお絵描きしてくださいね。

 

折り紙「きつね」の作り方

1.まず、折り紙を裏向に置きます。

 

2.三角に折ります。

 

3.さらに半分に折って折り目をつけたら、開いてもとの三角形に戻します。

 
 

4.三角の頂点を底辺の位置に重ねるように折ります。

 
 

5.三角の頂点を中心に、右の端を斜め外側、上向きに折ります。

 

6.左側も右と同じように折ります。

 

7.裏返したら出来上がりです。

 

8.目、鼻、ひげを描きましょう。

 

正確に作ることより、自由に楽しもう!

 

大人は、正確に作ることを重要視しがちですが、子どもにはそれをあまり求めないようにしてくださいね。まずは、楽しむことが大切です。

わが家の息子は、バスの窓の絵が毎回ぐちゃぐちゃなのですが、本人は嬉しそうに「これは窓で、これがドア!」と張り切っています。きっと頭の中では、大人にはわからない想像力が働いているのでしょうね。

実際、保育園で展示されていた園児達の折り紙はどれも自由なデザインで、子ども達はとっても誇らしげでしたよ!

みなさんのお家でも、お子さんと一緒に楽しんでみてくださいね!