子どもが家具などに貼ったシールを、安心・安全に剥がすには?
どこの家庭にもある、〇〇を使えば簡単!

2018.05.27 World-Mommy 編集部 ライフスタイル

 

子どもって、シールが大好き! 幼児向け雑誌の付録にシールは定番だし、病院で治療を頑張ったご褒美にシールをくれるお医者さんもいます。幼い子どもにとってシール貼りは、きっと、最高に楽しいことなんですよね。

でも、子どもって、家具や家電などあちらこちらにシールを貼るのは、困ったものです。最初の頃「そこは貼っちゃダメよ」と、その都度止めていたとしても、そのうちキリがなくなり「もう好きにして〜」なんてことになってしまいがちです。

今回は、子どもが家中に貼りまくったシールの剥がし方をお伝えします。随分前に貼られてしまい、もう剥がれない! と諦めている、こびりついたシールでも大丈夫。この方法を使えば、きっときれいに剥がれますよ!

上手に剥がしていきましょう!
【ステップ1】ヘアドライヤーを20〜30
秒間、シールにあてて温める

 

ここで使うのがヘアドライヤーです。

剥がしたいシールに温風を当て、20〜30秒間じっと温めます。こうすることでシールの粘着部分が柔らかくなってきます。

 

温めてからめくってみると…。ほら! スーッときれいにめくれます。

 

ヘアドライヤーを当てる際、一度に複数枚を温めるのではなく、一枚ずつ温めてからはがしていくと良いでしょう。

【ステップ2】ハンドクリームで、残った粘着部分を取る

 

中には、温めただけではきれいにめくれない場合もあります。少しわかりにくいですが、写真のように、紙が薄く残ってしまうのです。

 

ここで使うのはハンドクリームです。シールが残った箇所にハンドクリームをぐるぐると少し多めに塗りつけます。

ハンドクリームを塗る量は、下地が見えなくなるくらい。塗り終わったら、3分ほど放置します。

 

そして、ティッシュペーパーで強めにぐるぐるとこすると…。

シールがきれいに剥がれました!

 

実は他にもあります。でも、安心・安全な方法で!

例えば、粘度を下げる有機溶剤シンナーを使えば、もっとスムーズに剥がすことができるでしょう。しかし、育児中の家庭で、こうした刺激が強い薬品を使ったり、保管したりしているのは大へん危険です。誤飲や火災のきっかけになるからです。

ハンドクリームであれば、身体につけるものなので、ほとんど害はないでしょう。また、シールを剥がす際、ヘラなどの工具も使わないので、家具や家電を傷つける心配もありません。

今回は、どこの家庭にもあり、安全な方法で、きれいにシールをはがす方法をご紹介しました。子どもが好きなところにシールを貼っても、これで、ママもパパもストレスを感じる必要はなくなりますね!