便利なフェイスマスクは忙しい女性の味方!
でも、あなたは正しく使えていますか?

2017.08.14 World-Mommy 編集部 美容・ファッション

Photo by Shutterstock.com

化粧水や美容液がたっぷり染み込ませてあるフェイスマスク。最近ではリーズナブルな商品も増え、とても便利になっています。肌の保湿が高まると化粧崩れもしにくくなるので、この季節は特に活用したいものです。
しかし、使用頻度やパック時間は商品によって異なり、この使い方を誤ると逆効果になってしまうことを知っていましたか? 今回はフェイスマスクのより効果的な使用方法をご紹介します。

トラブル時ではなく、肌の調子のいい時に使いましょう

Photo by Shutterstock.com

フェイスマクスには保湿を高めるものや、美白効果のあるものなど、さまざまな種類がありますが、それらは美容効果を高めるのが目的であり、肌トラブルを解消するものではありません。ですから、ニキビや肌荒れが気になるときは一休みしましょう。フェイスマスクのなかには“薬用”と書かれているものもありますが、防腐剤や香料が入っていると肌にやさしくないので、ご注意を!
また、過度な日焼けをした時もお休みを。美白効果のあるフェイスマスクでも肌に刺激を与えることがあるので、冷たいタオルなどでしっかり冷やして、ヒリヒリ感や赤みが治ってからご使用を。

次ページ:使用頻度と時間は商品によって異なります!

 

使用頻度と時間は商品によって異なります!

Photo by Shutterstock.com

フェイスマスクには毎日使用できるものと、週1〜2回の使用の方が効果的なものがありますので、必ず商品の裏などにある説明書きをチェックしてください。毎日使用できるものは「化粧水のマスク」で、週1〜2回のものは「美容液のマスク」と言われています。
「美容液のマスク」商品は過剰に使用すると角質層がふやけてしまい、逆に肌が水分を保持できなくなることがあるのです。ですから、週1〜2回を推奨している商品は、時々のスペシャルケアと考え、使用前に化粧水を付けてから装着しましょう。

また、パック時間ですが、すればするほど効果大だと思っていませんか? これも大間違いです! マスクが乾いてくると、せっかく潤った肌の水分を逆にマスクが吸い取ってしまうのです。必ず使用時間を守り、まだ潤いのうちに剥がして、コットン状に折りたたみ、毛穴の気になる部分などにやさしくパッティングしてから破棄しましょう。

フェイスマスク後は保湿クリームなどで水分を閉じ込めて

Photo by Shutterstock.com

使用後の肌をそのまま放置していませんか? それではせっかくの潤いが逃げてしまいますので、保湿クリームや乳液の油分でしっかり毛穴に蓋をしてください。
オイリー肌の方も然りです。オイリー肌の原因はストレスや食事など人によって異なりますが、乾燥しすぎた肌をカバーしようとして、皮脂が過剰分泌していることが多いので、オイリー肌の方も保湿をお忘れなく!

便利なフェイスマスクですが、使用方法を間違えるとせっかくの努力が水の泡! 例えば、半身浴しながらのフェイスマスクもNGです。毛穴が開いて、汗とともに老廃物が出ていくのを邪魔してしまうので、必ずお風呂上がりに使用しましょう。
便利なフェイスマスクは、正しく使いましょうね!