協力して孫&子育てが理想!
舅姑や両親といい関係を築くコツ

2016.12.19 望月 ライチ ライフスタイル

Photo by Shutterstock.com

子育ての悩みとして時々聞かれるのが「姑や両親との接し方」。子育ての先輩として助言をしたり、あれこれとオモチャを買い与えたり……。「かわいい孫のために」という舅姑・実父母の行動に負担を感じる人も多いようです。
もちろん、家族の問題はケースバイケースですが、夫や自分の両親とのコミュニケーションを円滑にしながら、いい関係を築くためのヒントを紹介したいと思います。

子育て経験の聞き上手になる

Photo by Shutterstock.com

「抱っこをし過ぎると、抱きぐせがつくわよ」「お風呂上りには果汁でしょう?」「たまには口移しもいいわよね」――。姑や実母のそんな“助言”や行動に戸惑ったことはありませんか?
時代が変われば、子育ての“常識”も変わります。夫や自分の親世代が子育てをしていた時の経験談は、今の時代には合わないことがあるのも事実。ただ、だからといってすべての助言を拒否すると、「子育ての先輩」からの貴重なアドバイスまでも逃してしまうことに。「かわいい孫を育てている子ども達を応援したい」という気持ちを尊重し、上手にアドバイスを引き出すようにしたいもの。

例えば、それほど深刻に悩んでいない事柄について、「○○については、どうされていましたか?」と軽く聞いてみて。何か助言が返ってきたら「なるほど。そんなふうにされていたんですね」と受け止め、自分達の子育てに活かすかどうかは後から考えればOK。聞き上手に徹することで、円滑な関係が築けるはず。

夫の「イクメンぶり」を伝えて褒める

Photo by Shutterstock.com

姑にとって一番かわいいのはやはり自分の息子。息子が父親になってから、どんなふうに子育てに関わっているかはとても気になるようです。姑の前では「夫のイクメンぶり」を積極的に披露して、褒めるようにしましょう。ポイントは、夫自身もいる場面でややオーバーに褒めること。すると夫も「ん? オレもなかなか頑張っているな」と自尊心がくすぐられ、ますます育児参加へのやる気につながります。
姑も喜び、夫の育児力もアップするという一石二鳥が期待できます。

姑には適度に甘えて
実母には「親しき中にも礼儀あり」を心がける

Photo by Shutterstock.com

姑だからと過度に遠慮をして、「手伝うわよ」という好意をむだにしてしまうと、姑も寂しい気持ちになります。手が足りない時で、姑の余裕もありそうな時は遠慮をせずに「ミルクを温めるのをお願いします」など頼りにしましょう。

一方で、よくありがちなのが「実母に甘え過ぎ」のパターン。お願いしやすい相手だからと、つい何でも気軽に頼って、疲れさせてしまうことは多いようです。何かをやってもらった後には「ありがとう」の一言も忘れないようにしたいですね。

祖父母の甘やかしは「特別」と子どもに伝える

Photo by Shutterstock.com

テレビをつける時間やお菓子を与えるタイミングなど、親子間で厳しく決めているルールを、舅姑や両親が簡単に破ってしまうので困る……。そんな声もよく聞かれます。
祖父母からすると、かわいい孫を前につい甘やかしたくなるのでしょう。その行動一つひとつに「それはやめてください!」と禁じるとキリがないかもしれません。

先輩ママの実践例として挙がったのは、「子どもには普段から『おばあちゃんやおじいちゃんがやってくれるから特別なこともあるんだよ』と伝えておき、その場は目をつむる」という方法でした。「親子で決めた基本ルールはぶれない」という方針がしっかりと子どもに伝わっていればよし、と考えると気が楽になります。

自分や夫の両親の愛情パワーも上手に巻き込んで楽しく子育てできるのが理想。すぐに始められそうな行動や意識チェンジから試してみてください。