子どもへのプレゼントの与え方
気をつけること&効果的な方法

2016.12.17 佐藤 麻依子 しつけ・教育

Photo by Shutterstock.com

クリスマスや誕生日など、子どもにプレゼントをあげる機会はたくさんありますよね。
このような特別な日ではなくても、「子どもにせがまれてつい買ってしまった」ということもあるでしょう。
こんなとき、プレゼントの与え方が気になったことはありませんか?

今回は、プレゼントを与えるときに気をつけたいことや、どのような与え方が効果的なのかについて紹介します。

プレゼントを与えるときに気をつけたいこと

Photo by Shutterstock.com

プレゼントは、「与えるとき」を決めておきましょう。
欲しがるたびに与えるのではなく、たとえば、クリスマスや年末年始、誕生日などの特別な日だけに与えるようにします。
プレゼントを日常的に与えてしまうと、もらえるのが当たり前となり、有難みを感じることができません。
プレゼントの与えすぎは、物を大事にしなくなる原因となることも。
あらかじめ与える日を決めておくことで、プレゼントの与えすぎを防ぐことができます。

とはいえ、おじいちゃんやおばあちゃんが、子どもにプレゼントを与えすぎて困っているご家庭もあるでしょう。
そんなときは、いったん相手の気持ちを受け止めたあと、ていねいに家庭の方針を伝えて、理解を得るように努めましょう。
「どうしてもあげたい」とプレゼントを持ってきてしまった場合は、「記念日になったら一緒に渡しますね」と預かっておくとよいでしょう。

どうしても欲しがるときは?

Photo by Shutterstock.com

プレゼントを与えるときを決めたとしても、子どもがどうしても欲しがる場合があります。
そんなときは、「今は買えないから〇〇まで待とうね」とか、「パパに相談してみるね」などと伝えて、子どもにガマンしてもらいましょう。
ガマンする経験を積むことは、自分の欲求をコントロールする訓練になります。
また、「どんなに欲しくても、あきめなければならないときがある」ということも学べます。

「そんなことをしたら子どもに悲しい思いをさせてしまうのでは」と心配になるかもしれませんが、プレゼントをもらうまで待っている時間は、子どもにとってワクワクする貴重な時間です。
「どんなものがもらえるかな」「もらったらどうやって遊ぼうかな」と、プレゼントに対する期待がふくらみ、手に入れたときの感動も大きくなります。
このような気持ちを持つことが、物を大切にする心を育んでいくのです。

ごほうびとして与えないようにする

お手伝いや習い事の練習など、何かをさせるためのごほうびとしてプレゼントを与えるのは控えましょう。
なぜなら、子どもはそのごほうびをもらうためだけに行動するようになり、ごほうびがもらえなくなると、その行動をしなくなってしまうからです。
物で釣る方法は、期待するほどの効果はなく、長続きもしないのです。

プレゼントを与えたあとに大事なこと

Photo by Shutterstock.com

プレゼントは、「与えるとき」を決めるのも大切ですが、「与えたあと」も大切です。
子どもが小さいうちは、ただ「与えておしまい」ではなく、「親子で一緒に遊べるもの」を選ぶのがよいでしょう。
これによって、親子のコミュニケーションを深めることができるからです。

いかがでしたか?
子どもに「プレゼントは価値のある特別なもの」という認識をもってもらえるような与え方をしていけるといいですね。