world-mommy

ライター紹介 ライター一覧>

  • World-Mommy 編集部

    World-Mommy 編集部

    World-Mommy 編集部


    日本人編集長、ライター、ベトナム人編集翻訳スタッフ、バイリンガル翻訳スタッフ達が、ママの為の企画をグローバルな視点で発信

  • 年齢・月齢別<br />子どもが夜しっかり寝てもらうためのお昼寝事情

    年齢・月齢別
    子どもが夜しっかり寝てもらうためのお昼寝事情

    2017.03.13 World-Mommy 編集部

    育児・健康

    赤ちゃんが生まれると、これまでなかった育児や家事が始まり、とても忙しくなります。 特にママを疲れさせるのが、睡眠不足。赤ちゃんは生まれてしばらくのあいだ、昼間であろうと深夜であろうと1〜2時間おきに目覚めて泣きます。「生後4ヶ月頃まで、2時間以上続けて眠ったことがない。睡眠は毎日ずっと細切れよ!」、なんてママも多いです。 どうしたら、子どもは夜しっかりと寝てくるのでしょうか? 今回は、成長に... Read More

  • 母乳・ミルク以外の飲み物、何から始めれば良い?<br />生後半年頃から飲み方の練習をしよう!

    母乳・ミルク以外の飲み物、何から始めれば良い?
    生後半年頃から飲み方の練習をしよう!

    2017.03.09 World-Mommy 編集部

    育児・健康

    赤ちゃんが生まれ、育児をしながら驚かされることのひとつに、授乳とミルクがあります。 乳児に授乳をしながら、「他の飲み物を何も与えていないけど、大丈夫なんだろうか?」と疑問を感じたことはありませんか。でも、それは大丈夫。母乳やミルクは、栄養補給と水分補給の両方をまかなうので、他には何もいらないのです。 日本ではかつて、生後3ヶ月頃から果汁を与えるよう指導している時期がありました。しかし現在は、離... Read More

  • 子育てで変化した夫婦関係を、ラブラブモードに戻すには?

    子育てで変化した夫婦関係を、ラブラブモードに戻すには?

    2017.03.02 World-Mommy 編集部

    ライフスタイル

    まっていられない! あなたは、本当にそのままで良いですか? 母子家庭になる割合は、子どもが0歳〜2歳の間が最も多い、という日本の統計があります。子育て中の夫婦においては、乳児のあいだの離婚率が最も高いということです。 今回のコラムでは、産後のイライラに負けず、夫婦がいつまでもラブラブでいるための心掛けをお伝えします。 愛情の対象を子どもだけにしてはいけない Photo by Shutt... Read More

  • 土遊びをはじめたら<br />赤ちゃんの夢が叶う絵本「どろんこ ももんちゃん」

    土遊びをはじめたら
    赤ちゃんの夢が叶う絵本「どろんこ ももんちゃん」

    2017.03.01 World-Mommy 編集部

    絵本の紹介

    文・絵:とよたかずひこ 出版社:童心社 発行年:2009年 あめあがり、「ももんちゃん あそぼう」ときんぎょさん、おばけさん、さぼてんさんがやってきて、どろんこあそびをはじめました。どろんここねこね。どろんこじどうしゃできあがり~。それからみんなでしゅっぱーつ! 童心社より引用:http://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?isbn=97844940... Read More

  • まさかのフードや紐が原因で、子どもの命が危険に!<br />安全性・危険性からみるキッズウェア選び

    まさかのフードや紐が原因で、子どもの命が危険に!
    安全性・危険性からみるキッズウェア選び

    2017.02.26 World-Mommy 編集部

    育児・健康

    日本の行政機関(厚生労働省)の調査によると、大人の死因は「悪性新生物(がん)」が最も多いのですが、1歳から9歳までの幼い子どもに関しては「不慮の事故」が最多となっています。 思いがけない事故は、日頃の心がけで防げることもあるはず! 今回は「子ども服」に焦点を当て、安全なキッズウェア選びについてお伝えします。洋服が原因で命を落としたり、大きな事故が起きたりすることがあるのです。 デザイン優先でキ... Read More

  • 母乳の搾乳と保存方法<br />冷蔵と冷凍の使い分けは?

    母乳の搾乳と保存方法
    冷蔵と冷凍の使い分けは?

    2017.02.20 World-Mommy 編集部

    育児・健康

    赤ちゃんへの授乳は生まれたその日から始まり、完全に卒乳するまで与え続けることになります。特に新生児から生後3ヶ月頃までは授乳ペースが短く、母乳やミルクは常に欠かせません。 でも、どうしても直接授乳できないタイミングもありますよね。その時は、粉ミルクで代用するか、冷蔵・冷凍保存をした母乳を使うことになります。 今回は、搾乳と冷蔵・冷凍保存についてお伝えします。 搾乳と保存の手順 冷蔵、冷凍は保... Read More

  • 赤ちゃんのタオル選びと洗濯のコツ

    赤ちゃんのタオル選びと洗濯のコツ

    2017.02.15 World-Mommy 編集部

    妊娠・出産

    赤ちゃんの肌は大人よりも敏感でとてもデリケート。直接肌にふれるものはやさしい素材を選んであげたいですよね。ベビー服はもちろんですが、赤ちゃんに使うタオルも様々なシーンで直接肌に触れるもの。 では、どんな素材が良くて、お洗濯のケアはどうしたらよいのでしょうか? 100%コットンのガーゼタイプがお勧め 赤ちゃんのデリケートな肌は傷が付きやすいため、大人用のタオルとは違った、より優しい素材にしましょ... Read More

  • 離乳食作りに役立つ冷凍保存<br />冷凍に向く食品・向かない食品は?

    離乳食作りに役立つ冷凍保存
    冷凍に向く食品・向かない食品は?

    2017.02.12 World-Mommy 編集部

    栄養・料理

    離乳食がはじまるとママ達は毎食の準備がなかなか大変ですよね。そんな時に、離乳食用に小分けにした食品の冷凍保存はとても役に立ちますよね。 以前、World Mommyでも離乳食のフリージングのコツをご紹介しました。 離乳食はフリージングしよう!製氷皿とジップロックは必須のおススメアイテム フリージングを活用する上で知っておきたいのは、食品による冷凍の向き不向き。冷凍に適した食品はビタミンな... Read More

  • 哺乳瓶はどんな種類があるの?<br />特徴と選び方の基本

    哺乳瓶はどんな種類があるの?
    特徴と選び方の基本

    2017.02.11 World-Mommy 編集部

    妊娠・出産

    赤ちゃんが使う哺乳瓶選びは出産前から始まりますが、使いやすく安心なものがいいですよね。中には、今使っている哺乳瓶を赤ちゃんが嫌がって使ってくれないという悩みを抱えたママもいるはず。 今回は哺乳瓶の素材の特徴と、哺乳瓶を選ぶ上で重要な乳首タイプの基本などをお伝えします。 耐熱ガラスとプラスチック、それぞれの特徴は? Photo by Shutterstock.com 本体部分は耐熱ガラス製... Read More

  • 赤ちゃんがのどを詰まらせた!<br />乳幼児が呼吸困難になったときの応急処置と予防対策

    赤ちゃんがのどを詰まらせた!
    乳幼児が呼吸困難になったときの応急処置と予防対策

    2017.02.10 World-Mommy 編集部

    育児・健康

    2歳未満の赤ちゃんが、のどに詰まらせた食品で最も多いのは何だと思いますか? 答えは「あめ」です。 東京消防庁の統計によると、「あめ」での救急搬送が最多となっています。また、3歳から5歳に関しても、おなじく「あめ」が最多です。あめ以外には、パン、ピーナッツなどの豆類、りんごやミニトマトなどの果物や野菜、カップ入りゼリーなどで、のどを詰まらせる事故が起きています。 もし、子どもがのどを詰まらせた... Read More

ttl_category

bnr_facebook bnr_instagram

ttl_ranking

O