world-mommy

育児・健康

  • 元気で活発な子ほど要注意!<br />赤ちゃんのやけど応急手当て

    元気で活発な子ほど要注意!
    赤ちゃんのやけど応急手当て

    2017.02.27   Satomina 近藤 智美 育児・健康

    生後6ヶ月を過ぎ、赤ちゃんがだんだんと活発に動き回るようになってくると、成長がうれしく感じられる半面、それまでになかった心配事も増えてきますね。 家の中をあちこち歩き回って、壁や家具にぶつかったり。特に気をつけたいのが、熱いものに触ったりぶつかったりした時のやけどのリスクです。 やかんやポット、フライパン、炊飯器の蒸気、熱いシャワーやアイロン、ヒーターなど、家庭の中にはやけどを引き起こすものがた... Read More

  • まさかのフードや紐が原因で、子どもの命が危険に!<br />安全性・危険性からみるキッズウェア選び

    まさかのフードや紐が原因で、子どもの命が危険に!
    安全性・危険性からみるキッズウェア選び

    2017.02.26   まきじゅん 育児・健康

    日本の行政機関(厚生労働省)の調査によると、大人の死因は「悪性新生物(がん)」が最も多いのですが、1歳から9歳までの幼い子どもに関しては「不慮の事故」が最多となっています。 思いがけない事故は、日頃の心がけで防げることもあるはず! 今回は「子ども服」に焦点を当て、安全なキッズウェア選びについてお伝えします。洋服が原因で命を落としたり、大きな事故が起きたりすることがあるのです。 デザイン優先でキ... Read More

  • 赤ちゃんがよく吐くのはなぜ?<br />嘔吐のホームケアと受診の目安

    赤ちゃんがよく吐くのはなぜ?
    嘔吐のホームケアと受診の目安

    2017.02.25   Satomina 近藤 智美 育児・健康

    赤ちゃんが大人と比べて頻繁に吐き戻すのは、胃の形が未発達だから。大人の胃のようにくびれた形ではなくストレートで、また、「噴門」といわれる胃の入り口にある筋肉がまだ弱いので、胃の中のものが落ち着かずに、ちょっとした刺激でも逆流しやすくなるのです。 だから、授乳後にお腹を圧迫されたはずみやゲップの時に一緒に母乳やミルクが出てしまう程度の吐き戻しは気にしなくても大丈夫。頻繁であっても、毎日きげんがよく、... Read More

  • 赤ちゃんのお腹が心配!<br />下痢の原因と対処法

    赤ちゃんのお腹が心配!
    下痢の原因と対処法

    2017.02.22   Satomina 近藤 智美 育児・健康

    言葉で自分の不調を訴えることができない赤ちゃんにとって、毎日の排泄は健康状態をチェックする上でとても重要な目安になります。ビギナーママにとっては特に気になるのが「下痢」の症状ではないでしょうか。いつもよりゆるめのうんちが出ると、「何か悪い病気?」「どうしたらいいの?」と慌ててしまいますね。 でも、赤ちゃんのうんちはもともとゆるめで回数が多いのが特徴。母乳やミルクだけをとっているため便の水分量は自然... Read More

  • どうにかしてあげたい!<br />つらそうな赤ちゃんの咳とたん

    どうにかしてあげたい!
    つらそうな赤ちゃんの咳とたん

    2017.02.21   Satomina 近藤 智美 育児・健康

    コホンコホン、という咳が長く続くと心配のもとですね。風邪の直りかけなどで徐々に治まっていけば問題ありませんが、あまり長く続くと気管の粘膜も荒れてますます治りにくくなってしまいます。赤ちゃんにとっても、咳は体力を消耗するので免疫が下がって他の病気を引き起こしやすくなる原因にも。早めの対処を心がけましょう。 まずは室内を清潔に たんがたまりにくい環境を Photo by Shutterstock... Read More

  • 母乳の搾乳と保存方法<br />冷蔵と冷凍の使い分けは?

    母乳の搾乳と保存方法
    冷蔵と冷凍の使い分けは?

    2017.02.20   まきじゅん 育児・健康

    赤ちゃんへの授乳は生まれたその日から始まり、完全に卒乳するまで与え続けることになります。特に新生児から生後3ヶ月頃までは授乳ペースが短く、母乳やミルクは常に欠かせません。 でも、どうしても直接授乳できないタイミングもありますよね。その時は、粉ミルクで代用するか、冷蔵・冷凍保存をした母乳を使うことになります。 今回は、搾乳と冷蔵・冷凍保存についてお伝えします。 搾乳と保存の手順 冷蔵、冷凍は保... Read More

  • うちの子、生え方がちょっと変?<br />気になる赤ちゃんの歯並び

    うちの子、生え方がちょっと変?
    気になる赤ちゃんの歯並び

    2017.02.19   Satomina 近藤 智美 育児・健康

    生後6ヶ月を迎える頃から、赤ちゃんに歯が生え始めます。上下2本の前歯から生えて、少しずつ奥歯も生え始め、だいたい3歳を迎える頃には乳歯20本が生えそろいます。 赤ちゃんの歯が少しずつ増えていくことに成長の喜びを感じながらも、「あれ?ちょっと生え方が変かも?」と気になるママもいるかもしれません。 赤ちゃんの歯並びで気になるポイントをまとめてみました。 1. 歯と歯の隙間が空いている!「すきっ歯」で... Read More

  • 赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がってしまう<br />どうしたらいいの?

    赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がってしまう
    どうしたらいいの?

    2017.02.18   Satomina 近藤 智美 育児・健康

    赤ちゃんへの栄養補給は、母乳・ミルク・混合と育児状況によって様々ですが、哺乳瓶は必ず必要なアイテム。たとえ完全母乳であっても、外出時や赤ちゃんを預ける時などは哺乳瓶を使います。でも赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がり飲んでくれない……そんな悩みは意外と多いですよね。 完全母乳からミルクとの混合に切り替える時に嫌がるケースや、母乳育児や混合育児の場合、赤ちゃんが生後3ヶ月前後になると... Read More

  • 鼻がムズムズ……まさか、このタイミングで花粉症に!?<br />どうする? 妊娠中&授乳中の花粉症対策

    鼻がムズムズ……まさか、このタイミングで花粉症に!?
    どうする? 妊娠中&授乳中の花粉症対策

    2017.02.17   荒木 真理子 ライフスタイル 育児・健康

    みなさん、こんにちは。気象予報士の荒木真理子です。 春が待ち遠しい今日このごろ。ただ、ポカポカ陽気と一緒に、毎年日本では春先についてまわる悩みが……スギ花粉症です! 日本では、4人に1人が花粉症に苦しんでいるといいます。さらに私のまわりでは、妊娠をきっかけに花粉症を発症する人が多数! 妊娠中・授乳中は、花粉症とどう付き合ったらよいのでしょうか。 花粉症対策は、早ければ... Read More

  • 赤ちゃんの心を育てる<br />親子コミュニケーション

    赤ちゃんの心を育てる
    親子コミュニケーション

    2017.02.16   Satomina 近藤 智美 育児・健康

    かわいいわが子が誕生したその日から、「心のやさしい子になってほしい」「前向きで明るく元気に過ごしてほしい」と願いは膨らんでいきますね。体を大きく成長させるのは食事・運動・睡眠ですが、心を成長させる最大の栄養は、お母さん・お父さんからの愛情たっぷりのコミュニケーションです。 赤ちゃんの「心」の成長のために、日々のお世話の中で実践したいコミュニケーションのコツをまとめました。 赤ちゃんの要求にはでき... Read More

ttl_category

bnr_facebook bnr_instagram

ttl_ranking

O