「こどもの日」でもあるけれど…?
日本の伝統行事 「端午の節句」の意味を知ろう

2018.05.01 World-Mommy 編集部 ライフスタイル

Photo by Shutterstock.com

日本で5月5日といえば「子どもの日」。この日は「端午の節句」とも呼ばれ、男の子の成長を祝う日とされており、いまも引き継がれる風習がいろいろとあります。

そこで、「子どもの日」と「端午の節句」の由来と意味について紹介しましょう。

「子どもの日」と「端午の節句」は違うって本当?!

「子どもの日」=「端午の節句」と思っている方も多いと思いますが、実は、この2つはそれぞれ違う意味を持っています。

日本に「子ども日」が制定されたのは1948年(昭和23年)のこと。国民の祝日のひとつで、子どもの日の祝日をつくってほしい! と国会に請願が寄せられた際に、5月5日を希望する意見が最も多かったことが、この日に定められた理由のひとつです。

祝日法には、「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるととともに、母親に感謝する日」とあります。つまり、「子どもの日」は子ども成長を祝うだけでなく、親に感謝する日なのです。

同じ5月5日に、古来日本の風習として行われていた行事が「端午の節句」です。

「端午の節句」の由来を知ろう

Photo by Shutterstock.com

男の子のための節句として知られている「端午の節句」。古来中国の風習が、奈良時代以降、日本に伝わり行われるようになったといわれています。

唐時代の中国の暦では、1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕、9月9日の重陽(ちょうよう)が季節の変わり目とされていました。新しい季節を迎える時に植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的でさまざまな行事を執り行ったことから、5節句とされ、そのうちの一つが「端午の節句」になります。

そもそも「端午」というのは、月の端〔はじめ〕の午〔うま〕の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。しかし、午〔ご〕と五〔ご〕の読み方(音)が同じことから、毎月5日を指すようになり、やがて語呂合わせで5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったといわれています。

「端午の節句」では、強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。

いつから男の子の節句に?

Photo by Shutterstock.com

奈良時代に伝わった「端午の節句」ですが、時代と共にそのあり方も変化していきました。鎌倉時代になると武家社会となり、「菖蒲(しょうぶ)」と「尚武(しょうぶ=武道・武勇を重んじること)」が同じ読みであることや、菖蒲の葉の形が武士にとって大切な剣の形に似ていることから、「端午の節句」は、男の子の成長や、子孫繁栄、健康を祈り、祝う日となっていきました。

やがて江戸時代になると、5月5日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるといった公式行事が行われるようになりました。

「端午の節句」に欠かせない風習とは

Photo by Shutterstock.com

5月5日をお祝いするのに、決まった献立はないのですが、男の子のお祝いなので、健康や出世を願う食べものを選ぶ家庭も多いようです。お祝い事の定番料理の「赤飯」や、縁起物の「鯛」、出世を願って成長するにつれて呼び名が変わる「ブリ」、力強くまっすぐに育つようにという願いから「たけのこ」、勝つ男にちなんで「カツオ」などの料理を食卓に並べ、家族で食べるのは楽しいものです。

また、「男の子の節句」として受け継がられている風習として次のものが挙げられます。

・柏餅

柏の木は、新芽が出ないと古い葉が落ちないことから、家系が途絶えないという縁起かつぎで、江戸時代から「端午の節句」に柏餅を食べるようになりました。

・ちまき

薬草としても用いられている「茅(ちがや)」という葉っぱに、もち米を包んだもので、無病息災を願って食べます。

・菖蒲湯

邪気を払う植物として用いられていた菖蒲を浮かべた「菖蒲湯」に入り、無病息災を願います。

・兜、五月人形

Photo by Shutterstock.com

兜や、金太郎や鍾馗様の人形を飾って、子どもの成長を祝います。

・鯉のぼり

Photo by Shutterstock.com

鯉の形をしたのぼりを家の軒や、屋根に飾り、子どもの立身出世を祈ります。

「子どもの日」と「端午の節句」、同じ日に行うお祝いですが、意味は異なります。それぞれの意味を知って、よい祝日をお過ごしくださいね。