赤ちゃんの便秘解消!
おすすめのメニューとは?

2018.04.25 Risako 栄養・料理 ママ・パパ通信

Photo by Shutterstock.com

離乳食が進むにつれ 赤ちゃんの便秘に悩むママは多いですよね?私の娘も3回食になった頃、便秘がちになりました。痛がって泣く姿に、少しでも良くなる方法がないかと病院や行政が行っている栄養相談などに通い、色々とアドバイスをしてもらいました。

原因は野菜不足と油分不足

朝昼夜の食事内容を伝えると、朝食での野菜不足と、適度に油分を摂取できていない点を指摘されました。お肉はあげていたものの、できるだけ油分は少なくするよう意識していましたので、目からウロコ…、栄養士さんのアドバイスに驚きました。腸にも潤いが大事なのだそうです。

そういえば、私が出産で入院していた病院の献立には、毎朝必ず野菜スープが含まれていたのを思い出し、娘に一日2回以上食べさせてみたところ、効果てき面でした!

野菜スープは大人も子どもも食べられるメニューなので、おすすめのメニューです。スープと一緒に適度な油も摂取できてしまう点もうれしいですよね!

おすすめはミネストローネ

Photo by Shutterstock.com

個人的におすすめの野菜スープは、ミネストローネです!

作り方をご紹介します。

*材料*

お肉: 鶏肉(親子丼用)とベーコン

野菜: 玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、かぶ、ブロッコリー、きのこ など

コンソメ: 無添加のコンソメ 1袋

カットトマト:1缶(種と皮を除くため裏ごししておきましょう)

水:適量

具材を細かくカットして、炒めて煮込むだけ。とっても簡単です!

ミネストローネを一食分だけ小さな鍋に取ってパスタやお米などと煮込むこともできるので、アレンジが加われば子供も飽きることがありません。私は多めに作って冷凍保存をしておきます。忙しい朝や何かもう一品欲しいときにとても重宝します。煮込んでいる間に 食器洗いをしてしまえばママも時間を節約できますよ。

栄養相談でおやつのアドバイスもいただきました。みなさんは、おやつについて、どのように考えていますか?おやつは必ずしもあげる必要はないそうです!おやつを食べて夕食を食べないぐらいなら、あげる必要はないのだそうです。

おすすめのおやつは干し芋

Photo by Shutterstock.com

皆さんは、子どものおやつには何をあげていますか?個人的には、幼児期は出来るだけ砂糖が入っているお菓子はあげたくはないと思っています。

先日、自分用のおやつに買っておいた干し芋(さつまいもを蒸して乾燥させたもの)をほんの少し娘にあげてみたら、美味しそうに食べる!食べる!

離乳食の本では見掛けない干し芋ですが、自然の甘みがあるうえ、食物繊維も多く便秘改善にも効果ありです。しかも、子供にとっては掴み食べの練習にもなります。私の場合は、外出時にタッパーに入れて持ち歩いています。

子供は大人が食べるものにすごく興味を持つので、おやつの時間に大人も一緒に干し芋を食べれば、子供も喜ぶこと間違いなし。ママの便秘解消にも効果ありですね。

ぜひ皆さんも、家族みんなで食物繊維と適度な油分を摂ることを意識して、快腸生活をお過ごしくださいね!