「ひな祭り」には何を食べるの?
 簡単「押し寿司」にチャレンジ!

2018.03.03 World-Mommy 編集部 ライフスタイル 栄養・料理

ひな祭りには、この日に食べるいつかの伝統料理があります。そして、それらにはひとつひとつ意味が込められています。その代表的なものをいくつか紹介しましょう。

伝統的な食べものとは

<ひなあられ>

Photo by Shutterstock.com

「ひな祭り」といえば、ひなあられと言っても過言ではありません。桃色、白、緑のあられにはそれぞれ意味があります。

桃色は生命、白は雪の純白、緑は木の芽を意味し、白い雪の中から、緑の木が芽吹き、桃の葉の生命が宿ることを表しています。ひなあられを食べることで、3つのエネルギーを体内に取り込み、災いや病気を払い、一年中健康で過ごせるようにという願いが込められています。

ところで皆さんは、ひなあられは関東と関西では味や形が違うということをご存知でしょうか?

関東では、円柱形で甘い味。関西では丸い形でしょっぱい味と地域によって異なるので、機会があれば食べくらべてみると面白いかもしれません。

<ひし餅>

Photo by Shutterstock.com

ひし形のお餅で、上から桃、白、緑の3色になっています。色の意味は、ひなあられと同様で、こどもが健やかに育って欲しいという願いが込められています。
桃色…桃の花をイメージ。桃色は魔除けの色とされており、解毒作用のあるクチナシの実で色づけします。

白色…雪をイメージ。子孫繁栄、長寿、純潔を表します。ひしの実を使います。

緑色…新緑、新芽をイメージしており、健やかな健康を意味します。厄除けの効果があるヨモギで色づけします。

〈はまぐりのお吸い物〉

Photo by Shutterstock.com

はまぐりは、対になっている貝殻でなければぴったりと合わないことから、良い縁談を表しています。

この他にも、長寿を意味するエビや、見通しが明るくなるようにという意味が込められたれんこんなど、縁起のよい具材を用いたちらし寿司は、見た目の華やかさから、ひな祭りの定番料理とされています。

「ひな祭り」だからこその、ひし餅風押し寿司

ひな祭りのための、特別なおもてなしとして、ひしもちをイメージした、ひし形押し寿司の作り方を紹介します。

【用意するもの】

  • 四角い紙パック(牛乳パックなど-牛乳成分が残らないよう良く洗っておきましょう)
  • ほうれん草のソテーまたはお浸し
  • 海老、まぐろなど、赤めの具材
  • ご飯
  • すし酢

【作り方】

1.  紙パックは上下をカットし、四角の筒を作ります。

2.ほうれん草のソテー(またはお浸し)を細かくみじん切りにします。

3.ごはんにすし酢を混ぜ、寿司飯をつくります。

4.四角の筒をお皿に立て、筒の中にほうれん草を入れます。

5.寿司飯、具材の順で筒の中に詰めていき、形を固めたら紙パックを外していけば、ひし餅風、飾りずしの出来上がりです。

皆さんも、美しいひな人形と華やかな料理で、女の子の成長を祝いつつ、春の訪れを楽しんでください。

ぜひ、お祝いの様子を当サイトに投稿してくださいね!