女の子のための節句
「ひな祭り」はなぜ、桃の節句というの?

2018.03.02 World-Mommy 編集部 ライフスタイル

Photo by Shutterstock.com

3月3日はひな祭り。女の子のいるお家では、ひな人形を飾り、ちらし寿司やひなあられを食べて過ごすのではないでしょうか。

でも、なぜ、3月3日が女の子のお祭りなのか、皆さんはご存知ですか?

そこで今回は、日本人でも知っているようで実はあまり良く知らない、「ひな祭り」の由来や意味についてお届けします。

3月はなぜ、女の子のお祭りなの?

Photo by Shutterstock.com

日本の伝統行事として行われている節句は、古代中国のならわしからきています。唐時代の中国の暦では、1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕、9月9日の重陽(ちょうよう)が季節の変わり目とされていました。新しい季節を迎える時に植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的でさまざまな行事を執り行ったことから、5節句とされ、そのうちの一つが「ひな祭り」になります。

古代中国では、3月の節句に川で身を浄める禊ぎの習慣があり、これが平安時代に日本に伝わったのですが、日本では、川に人形を流して厄災を祓う「流し雛(ながしびな)」に移り変わったとされています。

もともとは、女の子だけの行事ではなかったのですが、貴族階級の女の子たちの間で流行ったお人形遊び(雛遊び)から、女の子のお祭りに変化したと言われています。

また、人形も時代を追うごとに変化し、川に流すのではなく、「ひな人形」として家に飾られるようになり、女の子の成長を祝い、祈る行事として定着していきました。

「ひな祭り」が「桃の節句」と呼ばれる理由

Photo by Shutterstock.com

「ひな祭り」は「桃の節句」と呼ばれますが、実際には、3月上旬の日本ではまだ桃の花は開花していません。ですが、旧暦の3月3日は新暦の4月3日で、ちょうど桃の花が咲く頃だったことから、桃の節句とも言われるようになったとされています。

古代中国では、桃の木には邪気払い(魔除け)の力があるとされてきたことから、邪気を払うための行事である3月3日には、桃の花が飾られ、大人は桃の花を浮かべたお酒を飲み、桃の葉を浮かべたお風呂に浸かるなどして、無病息災を願ったとされています。

実際、桃の葉のエキスには皮膚の新陳代謝を活性化し、古い角質を取り除く効能があると言われており、汗疹や湿疹にも効果的とされ、現代でも化粧品やクリームなどにその成分が活用されています。邪気払いだけでなく、美しさを磨くという意味でも、桃の節句はまさに女の子にとって大切な行事と言えるかもしれません。