日本の伝統行事を楽しもう! 「節分」の由来と、子どもと楽しむためのひと工夫

2018.02.02 World-Mommy 編集部 ライフスタイル

Photo by Shutterstock.com

実は「節分」は年に4回ある?

2月3日は「節分」です。立春の伝統行事として古くから日本で親しまれている「節分」ですが、本来の意味や習わしについて、ご存じですか?

そもそも、「節分」とは、「季節を分ける」ことを意味しています。立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを指し、年に4回あります。そのなかでも、2月は太陰太陽暦*では新しい年を迎える月とされていたことから、2月3日の立春だけを「節分」と呼ぶようになりました。

 *月の運行と太陽の運行を基本にした暦法。旧暦とも呼ぶ。太陽暦に比べて、一ヶ月が短く、一年が13ヶ月になることもあった。

なぜ、鬼に炒った豆を撒くの?

 
Photo by Shutterstock.com

昔は、季節の変わり目に鬼がやってきて、病気や災害などを嫌なことを起こすと考えられていました。また、穀物や果実には「邪気を払う霊力」があるとされていました。なかでも豆は「魔(鬼)=ま」「目=め」という同音により、鬼を(=邪気)を払う霊力があると考えられていたことから、節分の日に大豆を撒きはじめたといわれています。

さらに、豆を炒るのには諸説あるといわれています。

・邪気が芽を出さないように

昔の日本の家屋は土間で暮らしていました。そのため、節分で捲いた豆を拾いそこねた時に、土間で豆が発芽し邪気が成長することを避けるため、豆を炒ってから撒くようにしたとする説。

・豆を硬くするため

大豆を炒ることで、豆の水分が飛び硬くなります。炒った豆を鬼に投げることで、豆が固くなった分、更に鬼にダメージを与えることができるようにしたとする説。

上記のように諸説ありますが、節分には、炒った豆を撒き鬼(=邪気)を払うことで無病息災を願い、さらに年齢の分だけ豆を食べることで「豆に暮らせるように」と一年の福を招き入れる行事となりました。

鬼のお面を子どもと一緒につくろう!

Photo by Shutterstock.com

豆まきでは、家族の誰か(大抵はパパ)が鬼の役をやり、その鬼めがけて豆を捲きます。

この鬼を演じるためのお面をお子さんと一緒につくると、節分行事がさらに楽しくなるかもしれませんよ。

厚紙を用意、思い思いの鬼を描き、お面をつくれば、オリジナルの鬼の出来上がりです。

さらに鬼のお面を大きめの段ボール箱に貼り付け、的当てゲームのようにすれば、家族全員で豆まきを楽しむことができます。

一年の健康を願う、日本の古くからの行事である豆撒き。伝統を重んじつつも、色々アレンジしながらお子さんと一緒に楽しんでくださいね。

〈参考資料〉

コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%A4%AA%E9%99%B0%E5%A4%AA%E9%99%BD%E6%9A%A6-90806