飽きっぽい幼児期、イヤがらずに字を書く練習をしてもらうには?

2017.11.22 佐藤 麻依子 しつけ・教育

Photo by Shutterstock.com

もうすぐ4歳になるうちの子。だいぶ文字は読めるようになったので、そろそろ書けるようになってほしいな。そう思ったことはないですか?

そこで、ひらがなや数字くらいは書けるようにと、いざ練習を始めると…。

「思ったように進まない」

「少し書いただけで、すぐやめてしまう」

「ここまでやろうね」と言っても、すぐ飽きて遊んでしまうことも。こうなると、「まだ終わってないでしょ」「ちゃんと書きなさい!」「こんなこともできないの?」なんていうことに。

どうしてちゃんと練習してくれないのでしょうか?

子どもが勉強をしない理由

Photo by Shutterstock.com

●親の気持ちと子どもの気持ちに大きなギャップがある

親の心の中には、「せめてひらがなだけは書けるようになってほしい」「お友だちにおくれを取らないように」「本人のため」という思いがあるのかもしれません。その思いが強ければ強いほど、無理にでも勉強させようとしてしまいます。ですが、子どもにはその思いが負担となり、勉強がキライになってしまうのです。

●勉強に興味がない

そもそも、子どもが文字を書くことに興味がないということがあります。この時期は、勉強よりも遊びたい盛り。他にやりたいことがたくさんあるのですね。必要性を感じないものには、興味を持てないのです。

●集中力が続かない

幼児期の集中できる時間は、「年齢+1分」くらいと言われています。つまり、3歳の場合は、たったの4分。大人にはすぐ飽きてしまうように見えても、子どもにとっては、10分、15分と文字の練習をし続けるのはとっても難しいことなのです。

飽きやすい子どもに文字を練習してもらう3つの方法

Photo by Shutterstock.com

(1)ママと一緒にやる

集中力が数分ともたない幼児期は、ひとりでやっているとすぐに飽きてしまいます。ですから、ママも一緒にやってあげましょう。子どもはママに寄り添ってもらえると安心します。ママとふれあうことで心が満たされ、集中力もアップするのです。

(2)勉強ではなく遊び感覚でやってみる

「勉強するときは真剣に」と思うこともあるでしょう。でもそれは、幼児期の子どもにとってはつらいだけ。この時期は、遊びと同じように楽しんでやってもらうことが大事です。

たとえば、次のようにゲーム感覚でやってみましょう。

「よ~いドン!」で3分だけママと競争して文字を書かせる。

歌を歌ったりして一緒に楽しみながら書く。

ママがある文字を途中まで書き、見本と比べて「あれ、どこか1本たりないよ。どこかな?」とクイズを出して、子どもに書いてもらう。

お互いに書いた1文字を見せ合い、どちらがきれいに書けているか比べる。子どもに「ママよりも上手!」と声をかけてあげる。(ママが字をヘタに書くことがコツ)

(3)「認めホメ」でやる気を引き出す

Photo by Shutterstock.com

親はどうしても、「できないこと」に注目しがちです。

正しく書けなかったり、ダラダラ書いていたりすると、つい叱ってしまうことも。そこはグッとこらえて、できていることに目を向けてあげましょう。あまり大げさにほめると、わざとらしく聞こえることがあります。

ですから、「ほめる」というよりは、「認める」という意識で声をかけてあげましょう。

「"こ"という字が書けたね」「今日は2つも覚えたね」「"ま"の丸いところ、むずかしいのにがんばって書けたね」というようにです。

子どもを認める「認めホメ」が、子どものやる気を引き出すのです。

3歳はまだまだ集中力が続かない時期。でもやっぱり自分から勉強してほしい。

そんな子に育てるには、ママがいかにやる気を引き出してあげられるかがポイント。「ママと一緒に楽しく」から始めて、あまりあせらずに子どものペースを見ながら進めていきましょう。

【関連記事】

子供の集中力はどれくらい?

集中力を伸ばすには幼児期からの環境が大切