母子手帳(母子健康手帳)とは?
~世界も注目! 母子の絆を繋ぐノート ~

2017.10.29 World-Mommy 編集部 妊娠・出産

 
 

日本では、妊娠したらまず市町村区役所や保健所の窓口へ届け出ることで、当たり前に手にする「母子手帳(母子健康手帳)」。日本のみならず、国際協力機構(JICA)の世界各国と連携した取り組みや国連、NGOの協力等によって、開発途上国を中心に今や世界40ヶ国に普及しています。

 

母子手帳は、なぜ、これほどまでに世界的にも注目され、普及しているのでしょうか?

今回は、お母さんになる準備を始めたプレママ、出産して赤ちゃんの記録を始めたママ・パパから育児真最中のママ・パパに向けて、改めて、母子手帳の役割とメリットをお伝えします。

母子手帳の役割って?

 

妊娠や、出産は、病気ではありませんが、母体や赤ちゃんにとっては命を落とす危険が伴ったものでもあり、その危険性をできるだけ予防するために、行政や医療機関で様々な母子保健医療サービスがなされています。

妊娠の兆候が表れると、皆さんはまず産婦人科へ行きますよね?

妊娠中は、助産師さんや産婦人科のお医者さんで診察を受け、出産は多くの方が病院(もしくは助産院)で行い、産後は、保健師さんや助産師さんから新生児のケアのための保健指導を受けることもあり、そして、予防接種は小児科のクリニックで行います。このように、妊娠、出産、乳幼児期は専門の先生が異なります。

ですから、妊娠、出産、その後の生育の課程において受けた母子保険サービスは多岐にわたり、生まれた時の体重は何グラム?身長は何センチ?節目ごとに受けた健診での様子は?予防接種はいつ何を受けたの?等、意識して記録していかなければ、その情報は忘れられたり、無くしたりしてしまいます。

母子手帳というかたちで医療や健診のデータを一冊にまとめ、保護者の手元に置くことで、異なる場所、専門家によって行われた母子保健サービスを、一貫して管理することができるようになります。

母子手帳の役割は、妊娠中、出産、新生児、そして、乳幼児、それぞれの時期を越えて一貫した記録として、母子の健康をサポートすることなのです。