プレゼント選びの参考に。生後0ヶ月から2歳まで、赤ちゃんの成長の目安

2017.10.19 World-Mommy 編集部 ライフスタイル

Photo by Shutterstock.com

幼い子どもがいる友人と会うときに、「子どもにプレゼントを持って行きたいな」と思っても、案外何が良いか悩みますよね。ましてや育児の経験が無い方は、何を選べば良いのか見当も付きません。

今回は、0歳〜2歳のお子さんがいるご家庭に喜んでもらえるプレゼントをご紹介します。月齢・年齢によって使うものが変わるので、ぜひご参考にしてください。

【0歳 生後0〜4ヶ月】お部屋の飾り付け

Photo by Shutterstock.com

0歳期は大きくふたつに分けて考えます。まずは生後4ヶ月頃までの赤ちゃんを育てている家庭。

この頃は慣れない育児に奮闘していたり、夜泣きでママやパパが寝不足だったりで、疲れがちな時期です。目の前のことに精一杯で、なかなか余裕を持った生活が送れません。

こんなときは、「子どもの日」や「クリスマス」といった子ども向けイベントデーに向けたお部屋飾りをプレゼントしてみてはどうでしょう。イベントが近日中にないときには、小さなフラッグを連なった「ガーランド」もおすすめです。育児に疲れたママ・パパの気持ちを爽やかにしてくれるでしょう。

【0歳 生後5ヶ月〜12ヶ月】音がなるオモチャやお食事用エプロン

Photo by Shutterstock.com

この頃から、赤ちゃんが自分の力で動き始めます。寝返りをしたり、座ったり、ハイハイをしたり、立ち上がったり、歩いたり。また、離乳食も始まりスプーンやお椀などの食器も使い始めます。「あー、うー」といった喃語も出てきます。

そうすると、プレゼントの幅が一気に広がります。かわいい歯固めや、振ると音がなるオモチャなどはどうでしょう。ただし乳幼児期は何でも口に入れてしまうので、飲み込んでしまう小さな物は控えましょう。

また、この時期はよだれ用のビブや、食べこぼしを受け止めるポケット付きのお食事エプロンは、何枚あっても嬉しいのでおすすめです。

【1歳】読み聞かせ用の絵本

Photo by Shutterstock.com

この時期から活用でき、いくつあっても困らないものといえば「絵本」です。

1歳頃から絵本の物語が少しずつ理解できるようになってきます。身の回りにある「食べ物」「動物」「自然」などを題材にしたものや、言葉にリズム感があるシンプルなお話が良いでしょう。最初の頃は「えっ、こんな単純なストーリーで面白いの?」と思えるもので十分です。

World Mommyでもいくつか絵本を紹介しています。特に1歳期に読みたい絵本は以下のとおりです。

・寝る前に読みたい、30年も愛され続けている絵本「おつきさまこんばんは」。まんまる笑顔に、赤ちゃんも思わずニッコリ

・絵本「おててがでたよ」。赤ちゃんがシャツを一枚着るだけなのに、なぜか面白い!

・絵本「どんどこ ももんちゃん」。パワフルな赤ちゃんが急いでどこまでも 一体どこへ行くの!?

・さぁ、冒険のアイテム「靴」を履いてでかけよう! 歩き始めの子どもにおすすめの絵本「くつくつあるけ」

【2歳】知育玩具やキャラクターグッズ

Photo by Shutterstock.com

2歳頃になると運動能力がグンと伸びてきます。ヨチヨチ歩きから走れるようになったり、手づかみからスプーンやフォークが使えるようになったり、靴やズボンが自分で脱げるようになったり。

この頃のプレゼントは知育玩具が良いでしょう。ブロックやパズルなど、考えながら遊ぶオモチャはおすすめです。また、おままごとセットも大人と一緒に遊べて楽しいですよ。

また、この頃になるとお気に入りのキャラクターがあることも多いので、事前にリサーチしてわかっていればキャラクターグッズをプレゼントするのも喜んでもらえるでしょう。

安全を優先して選ぼう

子どもへのプレゼントは他にも沢山ありますが、選ぶ際に「これを使って怪我をしたり、事故に遭ったりしないかな?」と考えてみるのがコツです。

たとえば、小さくて飲み込んでしまう物や、三輪車など外を駆け回る物は、思わぬ事故につながる危険性があります。安全に使える物の方が安心して受け取ってもらえるでしょう。店頭で購入するのであれば、店員さんに相談すると良いですね。

素敵なプレゼントが見つかりますように。