気づけばいつもノリノリ♪
歌は最高のコミュニケーション手段かも

2017.10.05 まきじゅん 世界のママ通信

母、息子専属シンガーソングライターになる

よそのママやパパもやっているのでしょうか?他人に聞かせたことがないのですが、私にはたくさんのオリジナルソングがあります。

お出かけ前の準備やお風呂、おやすみ前のテーマソングを決めておくと、口ずさんだ瞬間、子どもなりに「今はこれをする時間なんだな」と気持ちを切り替えることができますよ。

単純な詩と単純なメロディが眠りを誘う?

よく歌うのは「はみがきのうた」「お風呂のうた」「おやすみのうた」です。子どもが病気でしんどそうなときには「元気がでるうた」を歌います。

まもなく2歳になる三男が、「ケケケッ」と片言でリクエストするのは「おやすみのうた」です。夏、子どもと一緒に布団に転がってウトウトしながら、窓の外から聞こえてくるカエルの声に合わせて作りました。

 

カエルが

ケッケケッケケッケケッケケッケケッケ

鳴く夜は〜

好きなカエルに

love you, I love you, love you, I love you

って言ってるの〜

 

色も形も動きも声も 子どもの好奇心そそるカエルさん

とても単純。おやすみのうたなのに、寝ることについては一切触れていなかったことに、今さら気がつきました…。このテキトーな感じがリラックスできるのか、部屋を真っ暗にして繰り返し歌っていると、みんなまぶたが重たくなります。

騒がしくしているときは、窓を指差して「カエルの声が聞こえる?」と言うと、ピタッと静かになります。逆にご機嫌ななめのときは、「好きなカエルに」のところを「好きな〇〇に」と息子の名前に変えて歌います。すると、ふわっと心が軽くなるみたい。いい笑顔で1日を締めくくることができるんです。

日本の童謡は自然がいっぱい

 

日本には22種のどんぐりがあるそう。昔からおもちゃとして人気の木の実です

私たちは、応援している地元広島のプロ野球チーム・カープの応援歌や、昔ながらの童謡も大好きで、散歩をしながら元気に歌います。

ベンチで隣り合わせになった見知らぬおばあちゃんとだって一緒に声を合わせられるのがいいですよね。

日本の童謡は、星、海、雪、虫など、自然がたくさん登場します。まもなく、どんぐり拾いが楽しい季節を迎えますが、どんぐりを擬人化したかわいらしいものもありますよ。

 

どんぐりころころどんぐりこ

お池にはまって

さあ大変

ドジョウが出てきて

こんにちは

坊ちゃん一緒に遊びましょ

 

この後、どんぐりはドジョウと遊びますが、だんだんさみしくなります。と、そこにやってきたリス(ハトという説もあり)に運ばれて無事に山へ帰っていくストーリーです。かわいいでしょ? ベトナムにはどんな歌があるんでしょう?

ママになってから、歌をよく歌うようになりました。子どもと一緒に歌うと、しみじみ幸せを感じます。息子たちが大人になったとき、私と一緒に歌ったメロディを思い出して、ホッと心を和ませることができたら…なんて期待しています。