出産後に体型を戻したい!
母乳に影響しない効果的な方法は?

2017.08.20 望月 ライチ 妊娠・出産

Photo by Shutterstock.com

産後のママのお悩みの一つとして“永遠のテーマ”と言えるのが、妊娠・出産ですっかり変わってしまったボディラインを元に戻す「産後ダイエット」です。
妊娠中はお腹の赤ちゃんは守るために必要だった脂肪が、産後もなかなか落ちないとなるとちょっと気になりますよね。とはいえ、過度な食事制限をするのは母乳の出方や栄養にも影響するだけでなく、母体の体調不良も招きかねないので絶対にやめましょう。では、どんな方法があるの? 産後の体型戻しのヒントをいくつか紹介します。

水分を多めに摂取&血流促進

Photo by Shutterstock.com

授乳中は母乳によって水分が多く排出されるので、体内の水分が不足しがちに。結果、血流が滞りやすくなり、代謝が下がってしまうことがあるようです。
多めの水分摂取を心がけて、血のめぐりがいい体づくりを心がけましょう。水分摂取の際は、コーヒーや緑茶など利尿作用のあるカフェインを含む飲み物を摂りすぎると、かえって水分が排出されやすくなることもあるので、水やノンカフェインのハーブティーなどがおすすめです。

高脂肪食を食べ過ぎない

「お腹の赤ちゃんのために積極的に食べよう」と心がけていた妊娠中の食事習慣をそのまま続けていると、当然、脂質や糖質の摂取オーバーに。産後は心の状態も不安定になりがちでストレスから脂っこい食品に手が伸びてしまうことも。
意識的に食事内容を見直して、野菜、海藻、白米、魚、豆などヘルシーな食品をとるようにして。バランスのいい食事は母乳にもプラスの影響があります。

次ページ:ウォーキングやストレッチで無理ない運動を