夏の化粧崩れ予防の決め手は、肌の水分バランス

2017.08.11 World-Mommy 編集部 美容・ファッション

Photo by Shutterstock.com

猛暑の夏、朝きれいにメイクしても、気が付くとファンデーションが剥がれ残念フェイスに……なんて経験ありませんか?
その原因として挙げられのが

  • 乾燥
  • 皮脂の過剰分泌

の3つです。

強い日差しと、高温で汗をかきやすい夏ですが、汗と同時に気をつけないといけないのが、乾燥です。「えっ、夏に乾燥?」「汗のベタつきでメイクが崩れるんじゃないの」と思う方もいるかもしれませんが、夏はエアコンによる冷房で、肌が乾燥しやすくなるのです。
そして、この乾燥により、生じやすくなるのが皮脂の過剰分泌です。

肌が乾燥すると、肌の内側にある水分を保護しようと、皮脂が多く分泌されます。この状態で涼しい部屋から一歩足を踏み出し、外出すると、今度は室内外の温度差により、汗が吹き出しやすくなり、この汗と皮脂、そしてメイクの油分とが混ざり合い、崩れやすくなるのです。

夏こそ、洗顔と水分補給を忘れずに!

Photo by Shutterstock.com

そんな夏のメイク崩れを防ぐには、まず、できるだけ汗をかかないよう、首の後ろや、脇を濡れたタオルなどを軽く当てて、暑さをしのぎましょう。ただし、この時注意してほしいのが、冷やしすぎないようにすること。
頸動脈を冷やすことで一時的に汗は止まりますが、体内の熱を冷やすまでは至りません。猛暑の中、汗を止め過ぎる状態は熱中症につながる可能性が高くなるので危険です。吹き出る汗をぬぐう程度に軽く冷やす程度にしましょう。

また、夏の熱帯夜は睡眠中にも皮脂が多く分泌されます。この皮脂をしっかり洗顔しないまま、メイクしてしまうと、油の上にファンデーションが浮いた状態になるため、メイクが崩れやすくなります。
夏の朝は洗顔フォームを泡立て、まずは余分な皮脂を洗い流しましょう。

そして、洗顔後は化粧水でしっかり水分補給することを忘れずに!

夏は汗の分泌やエアコンの冷房による乾燥などで、肌水分が奪われやすい季節。体の内外からたっぷり水分補給してあげることが大切です。洗顔後の化粧水だけでなく、汗を拭いた跡なども、化粧水をシュッとスプレーするなど、水分補給をしてあげましょう。

メイク崩れを防ぐ、パウダー活用術

Photo by Shutterstock.com

汗と皮脂の分泌で崩れやすい夏のメイク。
だからといってファンデーションを厚塗りしてしまうと、肌の呼吸を妨げることで皮脂の過剰分泌により、メイクがヨレやすくなります。夏こそ、ナチュナルメイクで美肌を目指しましょう。
とはいえ、しっかりカバーはしたいもの。そこで賢く活用してほしいのがルースパウダーです。

あなたが、パウダーファンデーション愛用者なら、化粧水や乳液で肌を整えたあと、まずルースパウダーを軽いブラシングしてはサラサラ肌を作りましょう。その後気になる部分を軽くカバーするようにパウダーファンデーション塗り、仕上げに再度ルースパウダーをブラッシングします。ルースパウダーを仕上げだけでなく、ファンデーションの前に活用することで、余分な皮脂を抑え、サラサラ肌へと仕上げていきましょう。

リキッド派の人は、夏場はできるだけオイルフリーの商品を使用するのがおすすめ。顔全体に軽く伸ばした後、ルースパウダーを軽くブラシして、顔のテカリを抑えましょう。

たっぷりの水分補給と皮脂コントロールで、崩れ知らずの夏メイクを楽しみましょう。