子連れ旅行に欠かせない持ち物は? Part 1
あると便利なグッズ編

2017.08.03 荒木 真理子

Photo by Shutterstock.com

みなさん、こんにちは。気象予報士の荒木真理子です。
夏の旅行シーズンがやってきましたね。赤ちゃんと初めての旅行に挑戦、という方も多いのではないでしょうか。旅行はママにとって絶好の気分転換の機会。持ち物を忘れてあたふたしないためにも、準備を入念に行っておきたいものです。今回は、旅行好きママを代表して、旅の必需品をご紹介します。

移動中のぐずぐず、ハプニングに備える

Photo by Shutterstock.com

旅行前に準備しておきたい必需品と、あると便利な持ち物をリストアップします。

【旅には欠かせない!基本の必需品】

  • 健康保険証
  • おむつ
  • ビニール袋
  • おしりふき(手・口ふき兼用)×2
  • マグ
  • 哺乳瓶(6ヶ月以内なら消毒も)・授乳ケープ
  • 離乳食・ミルク
  • スプーン・フォーク、エプロン、ヌードルカッター
  • お菓子(おせんべい)・パックの飲み物
  • 常温のペットボトルの水
  • 着替え・下着(1日分多めに)
  • パジャマ
  • タオル(子どものお気に入りのもの、汚れを拭くほか寒さよけに)
  • 洗面用具(子ども用歯ブラシ)
  • 保湿クリーム
  • スマホの充電器(写真を撮ったり、動画を見せたりして電池が減りやすい)
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • 折りたたみの傘
  • 絆創膏
  • 音の出ないおもちゃ、手のひらサイズの絵本
  • 抱っこ紐

【持っていくと便利なもの】

  • 体温計
  • 保冷剤・冷えピタ
  • ベビー用シャンプー
  • ふりかけ
  • チェアベルト(子ども椅子がないレストランもOK)
  • DVD
  • 赤ちゃん用はさみ型爪切り(ちょっとしたものを切るのにも)
  • 虫除けスプレー
  • 綿棒
  • レジャーシート(汚してはいけない場所に敷く、雨よけ)
  • タッパー・ジップロック
  • ベビーカー

赤ちゃんの〈着替え〉や〈紙おむつ〉は、旅行の日数+α分を用意

Photo by Shutterstock.com

赤ちゃんの持ち物は、少し多めに用意するのが基本。着替え、紙おむつやミルクなどの消耗品は多めに持って行きましょう。着替えは、旅行の日数+1セットは最低でも必要、2泊以上の場合は+2セット以上は用意したいものです。予備の服は、上下つながったタイプが持ち歩きに便利なように感じますが、実は上下別のほうが汚した服だけサッと着替えられるので楽チンです。
オムツは一日5~6枚の計算で用意しておきましょう。旅先ではウンチのタイミングが変わることもしばしば。またオムツを替えるタイミングを逃してしまって、かぶれてしまうケースも。保湿クリームを用意しましょう。

使い捨てしやすいアイテムや、忘れがちなアイテムをチェック!

Photo by Shutterstock.com

ビニール袋は必需品です。オムツ用のゴミ箱がないところが多いうえ、移動中にお菓子を食べたりとゴミ袋が大活躍。さらに、退屈なときには膨らませて遊ぶなど幅広い用途が!
おしりふきは、手や口を拭けるタイプが便利です。
環境が変わったり、急に体調を崩したりすると、食事が進まないケースもあります。好みのベビーフードやパン、お菓子などを用意しておきたいものです。
また、意外に調達が難しいのが常温の水。私は500mlのペットボトルを持ち歩くようにしています。
旅先では、たくさん写真を撮ったり、ぐずったときに動画を見せたり、いつも以上に携帯電話を使います。充電器は忘れずに持っていきましょう。
おもちゃは、旅先でなくしがちなので100円均一のショップで買ったものを持参しています。息子のお気に入りはミニカー。また、お風呂で遊べるものが1つあると便利です。

いざ、という時に役立つ必須アイテムとは

つづいて、あると便利なグッズとしては、トラブルに備えたもの。急な発熱や熱中症対策、大人用シャンプーでの肌荒れが心配な方は準備をしましょう。
赤ちゃん用爪切りは、爪切りの用途のほか、ちょっとしたものを切るはさみにもなります。
そして、行程や渋滞などで、いつもと同じ時間に食事ができずに寝てしまうケースがありますから、取り置きできる食事はタッパーなどに保存できると便利ですよ。