プールの季節、到来!
子どもがかかりやすい感染症に注意

2017.07.25 望月 ライチ 育児・健康

Photo by Shutterstock.com

夏本番となり、暑い季節ならではのレジャーを楽しめる時期になりました。幼稚園や保育園でプールの時間が始まったという人も多いでしょう。
プールを思い切り楽しめるのは健康が維持されてこそ。でも、プールに入るからこそかかりやすくなってしまう感染症もあることをご存知でしたか?
ウイルスの中にはプールの水中や、体の水気を拭き取った後のタオルや足拭きマットといった湿気の環境で増殖しやすいものがあるからです。また、プールに入った直後は体がどうしても冷えやすいので、免疫力が下がりやすくなり、病気を招きやすくなるとも言われています。
プールの時期に流行しやすい感染症の例を紹介します。

咽頭結膜炎(プール熱)

「プール熱」という別名があるほど、プールでの感染が多く報告されている病気です。原因は「アデノウイルス」というウイルスで、のどが腫れて痛み出し、目の充血や目やになど結膜炎症状から始まって、39度前後の高熱が出ます。熱は3〜4日続くことが多く、腹痛や下痢、嘔吐などの胃腸の症状が出る場合も。
抗生物質入りの目薬や解熱剤といった対症療法で治療し、1週間ほどで治ります。のどが痛むことで子どもは水分を摂りたがらなくなるので、脱水症状にならないように注意が必要です。

水イボ

Photo by Shutterstock.com

ウイルスが原因で1〜2mm程度の白または半透明のイボができる症状です。正式名称は「伝染性軟属腫」。
かゆみを伴い、掻きむしることで、イボの中のウイルスが飛び散ってますますイボが広がります。皮膚科では特殊なピンセットを用いてイボを取り除く治療も行われていましたが、最近は半年〜1年ほど経ての自然治癒を待つという方針を出す医師も増えているようです。

ヘルパンギーナ

のどの奥に発症する水泡性発疹と発熱を伴う急性のウイルス性咽頭炎。
7月を中心に夏に流行る熱症状の代表的疾患です。原因となるウイルスが複数あるために、一度かかって回復しても再度かかる可能性があります。プール熱と同様に対症療法で治療をしていきます。

以上、プールの時期に気をつけたい感染症の代表例をまとめました。感染を防ぐためには、「寒い季節じゃないから大丈夫」と油断せずに、手洗い・うがいをきちんと徹底すること。また、プールを楽しむ時にはお友達同士でタオルの貸し借りなどしないように気をつけましょう。

<参考文献>