僕はママのヒーローだ
子どもの前ではママ・パパの悪口は言わないで!

2017.07.17 北野 啓太郎 パパの育児

Photo by Shutterstock.com

「いつもママばっかりやなあ」

これが最近の僕の口癖のようで、3歳の息子からよく真似をされます。だって、息子はいつもママにばかり甘えて、パパが抱っこをしようとすると、逃げたり、戦いを挑んできたりするからです。

さて皆さん、こんにちは。男性視線の育児サイト「パパやる」を運営する北野啓太郎です。

今回は、そんなママ大好きな息子と一時休戦し、力を合わせることにした話をお伝えします。

子どもは、ママを大切にしないパパは嫌い

Photo by Shutterstock.com

本題の前に、衝撃のエピソードを少し。

Googleで検索サービスを利用するとき、検索ワードを入力すると関連するキーワードが自動的に表示されるのですが、日本語で「父親」と入力すると、何が表示されると思いますか。実は、その一番最初に「死ね」と表示されるのです。これは「父親 死ね」で検索している人が多いということを示しています。

え、どう言うこと!?
……と、僕は恐怖におののきながら、検索結果に表示された記事をいくつか読み、その怒りが理解できました。

「母親を怒鳴りつけたり、暴力を振るったりする父親が許せない!」
「大好きなお母さんを苦しめるな!」

それは、父親の横暴さに対する、子どもの憎しみと怒りだったのです。

次ページ:子どもは、ママに優しいパパが好き