ママのためのキャリアアップ術
育児と仕事を両立するためのコツとは?

2017.07.10 佐藤 麻依子 ライフスタイル 育児・健康

Photo by Shutterstock.com

ライフスタイルが変わっていくにつれて、ママの意識も変化し、「ママになっても働きたい」と考えている人が増えています。
とはいえ、子育てをしながら働くというのは、とても大変なこと。「自分にできるかしら?」と不安に感じているママも少なくありません。

私もワーキングマザーの1人。
子どもが生まれてからもずっと仕事を続けています。
今回は、私がどうやって子育てをしながら仕事を続けてこられたのか、ママがキャリアアップしていくにはどうしたらいいのかについて、私の経験も含めてお話します。

家事、育児、仕事のストレスで育児ブルーに

Photo by Shutterstock.com

外資系IT企業でマネージャーとして働いていた私は、18年前出産を機に退職。
その後はフリーランスの翻訳者として自宅で仕事を始めました。この仕事は今でも続けていますが、その間ずっと順風満帆だったわけではありません。
毎日家事、育児、仕事に追われる日々。
しかも、主人が出張や単身赴任が多く、今でいう「ワンオペ育児」でした。すべてを一人でやらなければならないストレスでついに育児ブルーに。
常に怒りっぽくなり、いつの間にかガミガミ・イライラママへと変身してしまったのです。

子育て心理カウンセラーになることを決意

こうしていつも子どもにガミガミするようになり、ついに子ども達に異変が起こりました。
私が怒ると子ども達が萎縮し、情緒不安定になってしまったのです。
当時6歳の長男は夜眠れないことが多くなり、2歳の次男は何度も手を洗ったり、頻繁にトイレに行くようになりました。
「このままではいけない。なんとかしなければ」と思い立ち、子育てやしつけについて学び始めました。
子ども達の異変がきっかけとなり、私は子どもとの効果的なコミュニケーションの方法を学び、それを実践しました。

Photo by Shutterstock.com

その効果を実感した私は、この方法をたくさんの方に知ってもらい、子育てで悩んでいるママをサポートしたいという思いから、心理カウンセラーになることを決意。
以来、講演、講座、子育て相談、執筆活動に力を入れてきました。
その後、10年以上の知識と経験を活かして、独自の「子育て3ステップ会話法」を考案。
イヤイヤ期をラクに乗り切る方法として、著書「男の子のための魔法のこえかけ 3ステップしつけ法」も出版しました。
「子育て3ステップ会話法」については、World Mommyサイトの過去の記事でも紹介されています。

次ページ:育児をきっかけにキャリアアップする方法