さようなら、わが家の思い出
パソコンの故障で家族写真が一瞬で消滅、バックアップは大切です

2017.07.07 北野 啓太郎 パパの育児 ライフスタイル

子どもの写真や動画、バックアップはしっかり取っていますか?

Photo by Shutterstock.com

3歳1ヶ月の息子を子育て中、男性視点の育児サイト「パパやる」を運営する北野啓太郎です。今回は、僕の大失態。パソコンの故障で家族の写真と動画が一瞬で消え去った、とても悲しい出来事をお伝えします。

パソコンは突然故障する

 

息子が1歳半だった頃、僕が使っていたノートパソコンが何の前触れもなく突然起動しなくなりました。何度試しても立ち上がらないのです。

このとき僕は、恐ろしさで冷や汗をかいていました。なぜならパソコンのバックアップを取っていなかったからです。

メーカーのサポートセンターに電話で問い合わせをし、修理をしてもらうことになりました。結果は、SSD(データ保存領域)の故障。修理から帰ってきたパソコンは初期状態になっていました。

……子どもの写真と動画が消えた。

幸い仕事関係のファイルは、Dropboxというクラウドストレージに保存していましたので、こちらは失わずに済みました。しかし、写真と動画はファイル容量が大きいのでクラウドにはバックアップせず、パソコンの中にしか保存していなかったのです。

生後8ヶ月から1歳6ヶ月までの息子の成長記録、全データが消え去ってしまったのです。

さようなら、わが家の思い出。

デジタルカメラとスマートフォンのバックアップ方法

Photo by Shutterstock.com

さて、そんなわが家の悲しい事件を踏まえ、World Mommyをご覧の皆さんには、こうした被害に遭わないための対策方法をお伝えします。

皆さんの多くは、デジタルカメラやスマートフォンで写真を撮っていると思います。デジタルカメラの場合は取り込んだパソコンの故障、スマートフォンの場合は故障、水没、盗難、紛失への備えが必要です。

まずはデジタルカメラの写真を取り込んだパソコンですが、こちらは外付けハードディスクへのバックアップが有効です。Windowsの場合は「イメージバックアップ」機能、Macの場合は「タイムマシン」機能を使うと良いでしょう。

次にスマートフォンですが、こちらはクラウドに保存するのがおすすめです。Androidの場合は「Google フォト」、iPhoneの場合は「iCloud」を活用しましょう。ただし、Google フォトは画質によっては有料です。iCloudは5GBまでが無料で(2017年6月現在)、それ以上になると容量に応じた価格設定があります。クラウドサービスは、これら以外に「Dropbox」「Amazonプライムフォト」などがあります。

詳しい利用方法は、それぞれの公式サイトをご確認ください。

また、クラウドサービスは、もちろんパソコンでも利用することができます。パソコンの場合、外付けハードディスクとクラウドのダブルでバックアップをしておくと、より安心が得られるでしょう。

お気に入りは、写真プリントをしよう

Photo by Shutterstock.com

デジタル時代になり、ついつい忘れがちな写真プリント。バックアップという意味からも「特に大切な写真」は、プリントしておくと良いですよ。家庭用のインクジェットプリンターでも良いですが、写真屋さんでプリントしてもらった方が綺麗で長持ちします。

プリントした写真は、写真立てに入れたり、壁に貼ったりして、飾ってみましょう。スマホやパソコンの画面で見るのとは違う良さがありますよ。

それでは皆さん、くれぐれもバックアップを忘れずに。消えるのは一瞬。デジタルデータはとても儚いのです……。(泣)