子どもの名前、日本や海外ではどんな名前が人気?

2017.06.25 World-Mommy 編集部 妊娠・出産

Photo by Shutterstock.com

子どもの名前を決めることは親にとっての一大事。産まれてくる我が子に、たくさんの想いをこめて夫婦で考えることでしょう。中には妊娠する前から「将来子どもが産まれたらこんな名前にしたい!」と考えていた人もいるのではないでしょうか?

時代と共に子どもにつける名前の流行も変化していきますが、最近はキラキラネームと呼ばれる周りが驚くような個性的な名前が話題になる一方で、あえて日本的で古風な名前を選ぶ両親も増えているそう。また、将来グローバルに活躍する子になってほしいという願いから、海外でも通用する読み方を意識して名付けることも増えています。

日本をはじめ世界の国では、最近どんな名前が人気なのでしょうか。アメリカ、フランス、イギリスのTOP5をご紹介します。

Photo by Shutterstock.com

日本

日本の名前の特徴は、漢字・平仮名・カタカナを使える上に、同じ漢字でもたくさんの読み方があること。子どもの名前の種類は実に豊富ですよね。幼稚園や小学校で1クラスに同じ漢字の名前を持つ子がいても、読み仮名がそれぞれ違う、なんていうことはよくあることです。
男の子は逞しく壮大なイメージの名前が多く、女の子は花や優しさ、あたたかさをイメージする名前が圧倒的です。

TOP 5

男の子

  1. 大翔 ヒロト、ヤマト、ハルト、マサト、タイガ、など
  2. 蓮  レン
  3. 悠真 ユウマ、ハルマ、ユウシン、など
  4. 陽翔 ハルト、ヒナト、ヒュウガ、など
  5. 朝陽 アサヒ

女の子

  1. 葵 アオイ
  2. さくら
  3. 陽菜 ヒナ、ハルナ、ハナ、など
  4. 凛 リン
  5. 結菜 ユイナ、ユナ、ユウナ、など

アメリカ

アメリカで人気の名前は順位の入れ替わりがあるものの、この数年大きな変化がなく定番になっているようです。
聖書に出てくる聖人の名から、ラテン語で良い意味を持つ言葉だったり、都市名を名前に付けたりと様々です。命名に関しては自由度が高いので、最近は今までに無いような個性的な名前をつける親も増えているそう。ハリウッドの有名人の子どもでもファーストネームが「アップル」「レモン」「エジプト」「モロッカン」(モロッコ人!?)などがあり、日本の感覚からすると驚きです。とはいえ、人気上位は意外とクラシック。

TOP5

男の子

  1. Liam リアン
  2. Noah ノア
  3. Mason メイソン
  4. Ethan イーサン
  5. Logan ローガン

女の子

  1. Emma エマ
  2. Olivia オリビア
  3. Ava アヴァ
  4. Sophia ソフィア
  5. Isabella イザベラ

フランス

フランスの場合、昔はカレンダーに記載されている聖人の名前から付けることが一般的で、同じ名前がたくさんいたそう。最近では昔と比べ自由度が高くなってきたようですが、子どもの人権に関わるような名前と判断されると許可されません。そして今でも旧約聖書に出てくる人物の名前は人気なのだそうです。

TOP5

男の子

  1. Nathan ナタン
  2. Lucas リュカ
  3. Leo レオ
  4. Gabriel ガブリエル
  5. Timeo ティメオ

女の子

  1. Emma エマ
  2. Lola ローラ
  3. Chloe クロエ
  4. Ines イネス
  5. Lea レア

イギリス

男女ともトップの名前はこの数年変わっていないそう。男の子のオリバーは歴史的偉人の名前で、女の子のアメリアは神聖な意味を持つゲルマン語が由来。クラシックな名前は根強い人気です。
また、イスラム系の移民が増えていることで男の子のムハンマド「Muhammad」という名前がとても多くなり、スペルの違いで同じ呼び方をするこの名前を合計すると、なんと1位のオリバーをも超えるそうです。

TOP5

男の子

  1. Oliver オリバー
  2. Jack ジャック
  3. Harry ハリー
  4. George ジョージ
  5. Jacob ジェイコブ

女の子

  1. Amelia アメリア
  2. Olivia オリビア
  3. Jessica ジェシカ
  4. Emily エミリー
  5. Lily リリー

どの国でも個性的な名前も増えているとはいえ、やはりクラシックな名前は人気なんですね。