今と昔、常識が真逆!
こんなに変わった5つの子育てルール

2017.06.17 World-Mommy 編集部 ライフスタイル

Photo by Shutterstock.com

子育てを両親にサポートをしてもらう方は多いと思います。何と言っても自分を育ててくれた親ですので、子育てのプロフェッショナルです。頼りにすることもあるでしょう。

しかし、産婦人科で教えてもらったり育児書で学んだりしたことと、親のアドバイスがどうも違う。そんな経験はありませんか?

実は育児に関しては、時代によって常識がまるで違うことがあるのです。今回は、日本における育児の常識の昔と今を比べてみます。

今と昔、こんなに変わった5つの子育てルール

Photo by Shutterstock.com

【抱っこ】昔:抱っこしすぎはNG、今:たっぷり抱っこで愛情表現

昔は、「赤ちゃんが泣いていても、抱き癖がつくからすぐに抱っこをしてはいけない」という考えが一般的でした。しかし今は、赤ちゃんの泣きにはしっかりと応えてあげましょう、という考えになっています。

これは、サイレントベビー問題をきっかけに考え方が変わりました。このサイレントベビーとは、いくら泣いても無視され続けることで、自分は受け入れられない・拒否されていると判断し、泣かなくなったり、笑わなくなったりしてしまった赤ちゃんです。

今では、「泣くことは赤ちゃんのコミュニケーション。しっかりと抱っこしてあげましょう」と、勧められています。

【寝相】昔:うつぶせ寝、今:仰向け寝

Photo by Shutterstock.com

昔は、「頭の形が悪くなるから、赤ちゃんはうつ伏せに寝かせた方が良い」とされていました。しかし今は、絶対にうつぶせ寝をさせないのが常識です。うつぶせ寝はとても危険な行為とされているのです。

これは、赤ちゃんの突然死がきっかけになりました。自宅や保育施設などで、乳児が枕に顔をうずめたまま窒息死する事故が多発したのです。

後頭部を怪我しているなど医学的な理由がない限り、うつぶせ寝はさせないでください。

次ページ:【離乳食】昔:親が噛んで柔らかく、今:虫歯菌がうつるからダメ