二人の子育てで経験した離乳食期のポイントとコツ

2017.06.11 Ryoko 栄養・料理 世界のママ通信

Photo by Shutterstock.com

皆様こんにちは。カナダで子育てしているRyokoです。
初めての子育てで大変なことの一つが離乳食つくりですよね。
実は、妊娠前の私は料理が苦手だったので、外食や総菜を買ってすます事が多く、妊娠してからちゃんと料理するようになりました(笑)
そんな私が二人の息子の離乳食期を経験し、大切にしていたポイントや、コツなどをお伝えしたいと思います。

離乳食期に心がけておきたいこと

Photo by Shutterstock.com

息子達の離乳食期に私がいつも心に留めていたことは、『離乳食期は赤ちゃんの消化器官が発達していないから、食べ方(咀嚼、嚥下、動作)を練習する期間だ』 ということ。
特に注意していたことは3つ。

  1. 食事の大きさ、硬さは今の成長具合にあっているか。
  2. 味は素材そのものの味を大切にする。
  3. 食物アレルギーの出やすい食品は、食べる時期を遅らせて初めは少しだけ。翌日様子を見て大丈夫なら少しずつ増やす。

食べさせるママが心に余裕を持って、焦らずに進めていくことが大切ですよね。
とはいえ、私も長男の時は、料理の勉強に加えて、頻繁に育児書とにらめっこしながら確認して作って苦労したものです。
逆に次男の時は、慣れたこともあり、どうしたら手間をかけずに作れるかばかり考えていました(笑)

離乳食と他の家族分の食事、手間をかけずに両方を

私がした事は、離乳食用に主食とだしは前もって多めに作り、製氷機や冷凍保存用の袋に入れて凍らせておくこと。
あとは、食事を作るときに、保温調理器具や圧力鍋(中に蒸し籠を入れて二段調理)に家族分の食材をまとめて入れ、手間をかけずに下ごしらえし、味付け前に離乳食用だけは取り分けて、食べやすくすりつぶします。

一番よく使ったのはこちら。

 

なんと、私が子ども時代に使った小さいすり鉢とすり棒。
使うのも洗うのも簡単。案外昔からある物が一番便利なのかもしれませんね。

次ページ:離乳食期にも役立つ! 育児日記は強い味方