家族でキャンプはいかが?
大自然の中に子ども達の思い出がいっぱい!

2017.06.06 ぴこりーな 世界のママ通信

Photo by Shutterstock.com

皆様こんにちは! サンフランシスコから現地子育て情報をお届けするぴこりーなです。

サンフランシスコも大変過ごしやすい季節になりました。先日、クラス委員の保護者が2泊3日のキャンプを企画してくれて、総勢12組の家族が参加するイベントがありました。娘は人生初のキャンプ体験とクラスメイトと一緒に行けることに大喜び。

私達が住むサンフランシスコBay areaは車で1・2時間も運転すれば大自然に触れ合うことができます。
日本のような歴史的建造物や遺跡などの文化遺産に乏しく、又、情緒溢れる温泉街はありませんが、その代わり日本では体感できないダイナミックな自然を楽しむことができることかもしれません。

今回はカリフォルニアで最も古い州立公園と言われているBig Basin Redwood National Parkに行ってきました。

Big Basin Redwood National Parkでハイキング
大人達はカリフォルニアワインを楽しむ

子ども達に大人気のバナナ色した生き物がっ!

レッドウッドの森林ハイキング中にバナナのような黄色の生き物を何匹も発見しました。日本では見かけない面白い生物がいるよ。と噂には聞いていましたがこれが北カリフォルニアに生息するBanana Slug(バナナスラッグ)というナメクジらしい。ナメクジと呼ぶには巨大! 子ども達はハイキング中バナナスナッグ探しに大奮闘! 素手で掴んだり葉っぱの上に乗せたりと巨大ナメクジ大人気でした。

Banana Slug(バナナスラッグ)というナメクジ
手でつついて丸くなるBanana Slug

人気のスイーツ、S’more (スモア)無くしてキャンプは語れず!

アメリカの子ども達の夕食後の定番と言えば、キャンプファイヤーでのデザートS’more (スモア)です。
マシュマロをキャンプファイヤーで程よいきつね色になるまで溶かし(失敗すると焦げ落ちてしまうのでさじ加減が難しい!)板チョコとグラハムクラッカーで挟んで食べるスタイルが定番。
日本でも最近はこのS’moreがキャンプで人気のようですが、発祥の地はアメリカとカナダのようです。
2夜に渡り子ども達はS’moreの食べ放題でした(笑)

S’more マシュマロを焼く子ども達

キャンプでは娘とお友達の6歳のお誕生日をカップケーキでお祝いし二人とも良い思い出となったようです。

娘とお友達の6歳のお誕生日をお祝い
 

キャンプ中は電波が届かないため携帯電話が一切使用できませんでしたが、都会の喧騒から離れのんびり自然の中に身を委ねるのも心地よいものですね。

今年の夏はみなさんも親子でキャンプ体験してみては如何でしょう?