子ども達にたくさんの運動の経験を!
家族で一緒にフィットネス

2017.05.29 Ryoko 世界のママ通信 育児・健康

Photo by Shutterstock.com

皆様、こんにちは。カナダで二人の男の子を育てているRyokoです。
以前、子どもの学校で開催された、読み聞かせの効果と推進のイベントについてご紹介しましたが、先日は家族で参加できるフィットネスのイベント、『Fun Family Fitness!』が行われました。

※以前の記事はこちら

 

このイベント、フィットネスのプログラムが多彩。
私達家族はキックボクシングとヨガに行ってきましたが、スティックエクササイズやズンバなどのプログラムもあります。日本では有料のスポーツジムでやるような内容です。
チームスポーツ好きの長男は「まぁまぁかな」とのことでしたが、次男はキックボクシングに大満足。帰宅すると子ども達は直ぐに熟睡。私と夫は久しぶりに運動に集中し、汗を流して頭も体もスッキリしましたが翌日はひどい筋肉痛に(笑)

イベントを企画したSchool Council(日本で言うPTAの様な所)によると、今回のフィットネスは、身体の活用能力、応用力を身に付けることが、健康な体と健全な頭脳を作るのにとても大事だということを理解してもらい、促進するために企画されたそうです。
フィットネス活動は文化やバックグラウンド、家族構成、興味などが異なる様々な人に提供できるいい方法です。

Photo by Shutterstock.com

日本やアジアの国は学習塾が盛んですが、カナダには殆どありません。こちらでは子どもの習い事は運動系が多く、そのほとんどが3ヶ月の短期で終わってしまいます。
私が子ども達にスポーツを習わせるときに、4つの目的がありました。

  • お友達を作るきっかけにしてほしい
  • 物怖じのしない子になって欲しい
  • 集団生活・行動に慣れさせたい
  • 一つの事を続ける持続力、忍耐力、集中力をつけてほしい

私は一つの事をじっくり続けるのはとても大事だと思っていたので、子ども達の習い事が短期で終わってしまうことに不満がありました。
そのことを、子どものサッカーのコーチに聞くと、小さいうちは一つのスポーツに集中させるよりも色んな事に挑戦した方が良いと言われました。最近は一つの事だけやらせてしまうと、それがプレッシャーになり負担になる子が多いと。
色んなスポーツを経験し、多くの動きをする事で体がバランス良く育ち将来的にも良い、と説明され、私はハッとしました。

今、息子達にとって習い事は、生活にメリハリをつけたり楽しむ為であり、いつか熱中してやりたい事が見つかれば長く取り組んでいけばいいこと。それまでは色んな事を経験してみていいですよね。無理に長期間続ける習い事にこだわる必要はないのかもしれないと思いました。

Photo by Shutterstock.com

そう考えると、今回のフィットネスイベントも新しい運動を経験する良いキッカケになっています。
しかもカナダの長い冬が終わり、春が来て運動を始めるには、まさにベストタイミング。
これから、どんどん暖かくなってうんと外遊びを満喫できるようになります。
子どもにとっては、学校帰りの公園遊びや、自転車、ランニング、ハイキング、水泳も全て良い運動です。
私も今回のイベントをきっかけに、子ども達と一緒に鍛えたいと思います!