産後、一瞬で母になる妻とマイペースで父になる夫
怒涛の育児生活が始まる前に家事を共有し始めよう!

2017.05.07 World-Mommy 編集部 妊娠・出産 ライフスタイル

Photo by Shutterstock.com

妻がはじめての赤ちゃんを妊娠中、夫婦でやっておきたい出産準備は色々あります。

赤ちゃんの肌着やオムツ、お布団やおくるみ、爪切りやベビーバスなどは必需品ですので、生まれる前に用意しておきましょう。

さて、今回はこうした道具ではなく、出産前に準備しておきたい「夫婦関係」についてお伝えします。

赤ちゃんが生まれると生活は一変

Photo by Shutterstock.com

妊娠前半はつわりで辛かった妊婦さんも、妊娠後半には体調が落ち着き、毎日胎動を感じながら赤ちゃんの誕生を心穏やかに待っているご夫婦は多いでしょう。しかし、そんな穏やかな空気は、赤ちゃんの誕生とともに一変します。泣き出す赤ちゃんをあやし、授乳、オムツ替えなどに24時間追われ、かつてない程の忙しさと睡眠不足がやってくるのです。

そのため、産後の生活リズムは産前から準備をしておく必要があります。

それは主に家事の分担です。乳児のお世話は、授乳があるため妻に負担が掛かりがちです。そこで、夫が家事全般を行えるよう準備しておくと良いでしょう。

家事が得意な男性は引き続き頑張ってください!しかし稀に、料理も、洗濯も、掃除も、家事全般が極端にできない家事力ゼロ夫がいるのです。その場合、産後の夫婦ゲンカの元にもなりますので、特に要注意です。

一瞬で母になる妻と、マイペースで父になる夫

Photo by Shutterstock.com

女性は妊娠・出産・育児期に、ホルモンバランスが大きく変化します。中でも出産時は急激にホルモンバランスが乱れ、身体と心に大きな変化をもたらします。身体面では抜け毛が増えたり、肌荒れが起きやすくなったりします。また精神面では、夫への愛情が減少し、赤ちゃんへの愛情が急上昇しがちです。

感情に変化が起きるのは不思議な感じもしますが、これは母親が赤ちゃんを守るための動物的本能ですので、特におかしなことではありません。女性は産後すぐ、心も身体も母親モードに切り替わるのです。
しかし夫は、妊娠も出産もしていませんので、赤ちゃんが生まれたからといってホルモンバランスに変化は起きません。夫が父親らしくなるのは、育児を実際に経験しながら数ヶ月から数年掛かると言われています。

妻からすればすぐに切り替わらない夫にイライラすることもあるでしょう。しかし夫にしてみれば、妻の突然の変化について行けず、困惑することがあります。

妊娠中は、夫が家事を覚えるチャンス!

Photo by Shutterstock.com

夫婦の間に穏やかな空気が流れている妊娠中と、怒涛の出産後の生活。夫婦の家事分担を始めるのは、言うまでもなく妊娠中が最適です。
妊娠後期は妻のお腹が大きくなり、見た目にも夫は妻をサポートしたくなるでしょう。この時期、妻は夫に「家事を手伝って欲しい」と甘えてみましょう。

男性は頼られると張り切りたいと思うものです。この時期に夫の手料理を夫婦で楽しみながら、穏やかに家事分担を始めるのがコツです。夫婦どちらも家事がこなせるようになれば、きっと産後の夫婦生活は良好を保ちながら、育児に挑むことができるはずです。

ぜひ、妊娠中に夫の家事力を磨きましょう!