子どもの物だけじゃない! ママ&パパの服や物もあふれてない?
使わないものを省きやすくする片付けのコツ Part2

2017.04.19 World-Mommy 編集部 ライフスタイル

Photo by Shutterstock.com

結婚して物が増えたと思ったら、子どもが生まれて更に増えた! というのはよく聞くこと。でも、案外ママやパパの服や物もかなりの量だったり。前回はパパ&ママの服や物を整理するための心得をお伝えしましたが、今回は実践編。
家中の収納スペース全てを一気にやるのは大変。まずはクローゼット内に焦点をあてて、使わないものを省く方法をお伝えします!

3秒で決めて2つの段ボールへ

Photo by Shutterstock.com

いよいよ実際に片付けを始めるために2つの段ボールを用意して。
「お別れBOX」と、どうしようか悩んでしまう「迷い中BOX」にしましょう。
迷っている物もBOXに入れてしまう理由は、収納スペースを使えるレギュラーな物達だけにしてスッキリとわかりやすくするためです。
そしていよいよ、分別スタート。
いつも使うものはそのまま収納スペースに残しておけばOK。
それ以外は2つのBOXに入れていきましょう。コツは1点につき長く悩まない事。決断までは3秒ルールを設定。「よく使う」「使ってない」「どうしようか迷う……」を3秒以内で決めて仕分けしてみて下さい。

クローゼットや収納スペース前に2つのBOXを並べ、使ってないものは「お別れBOX」、悩んだら「迷い中BOX」へと、どんどん入れていきましょう。
BOXを用意することで、片付け中にありがちな部屋の散らかりも防げます。
特に子育て中は、子どもへのケアで作業を中断しなくてはいけなくなる時もありますよね。一気に出来ればいいですが、無理のないペースで片付けられる方法です。

一度スッキリした収納を見たあとの不思議

Photo by Shutterstock.com

一通り、分別ができたら収納スペースを見てみて下さい。迷っているものが入っていないとスッキリし、自分がよく使うものがわかりやすくなります。その状態をよく覚えておきましょう。
そして「迷い中BOX」内の選別に入ります。
この「迷い中BOX」の中身がパンパンになっている、なんていうことも。ここからは更に気合いを入れて。次は迷い中から収納スペースへ戻すか、お別れBOXへ入れるかの2択です。

しかし不思議と、一度使うものだけになったスッキリした収納スペースを見た後は、初めの分別時より迷いが少なくお別れBOXへ入れられるようになるはず。スッキリした場所へまた物を戻すことに抵抗を感じたりも。

Photo by Shutterstock.com

お別れBOX内の物は、リサイクルに出すか、処分するかなどを決めて早めに家から無くしてしまうことをお勧めします。ボランティアなどへの寄付も有効かも。

年に1~2回この分別をすることで、いつもよく使うものが揃った収納スペースになりますよ。
ぜひ、取り組んでみて下さいね。