春はトイレトレーニングのチャンス!
オムツはずしの最適な時期

2017.03.28 World-Mommy 編集部 しつけ・教育

Photo by Shutterstock.com

子どもが2歳頃になると、「トイレの練習してる?」「オムツはずれた?」なんて会話が耳に入ってきます。そろそろオムツからパンツへ移行したいと思いつつも、そのタイミングがわからず、なかなか始められないという方は多いのではないでしょうか。

トイレトレーニング中は、子どもをわざわざトイレに連れて行ったり、漏らしたときの洗濯物が増えたりなど、オムツに比べるとひと手間もふた手間も家事・育児が増えてしまいます。そのため、あとでやろうと躊躇してしまいがちです。

でも、いつかは通る道。
一体、いつ始めるのが良いのでしょうか。

オムツ外し、最適な時期の見極め方

Photo by Shutterstock.com

オムツはずしは、大人の都合では始められません。また、子どもの年齢・月齢で決められるものでもありません。

見極め方法は、おしっこが出る間隔です。0〜1歳は膀胱が小さく、おしっこをたくさん溜めておくことができません。いくら早くトイレトレーニングを始めようしても、身体的な問題で難しいのです。

そこで、おしっこが出る間隔を調べます。紙おむつは、ついついおしっこを溜め過ぎてしまいがちですが、そうせずに30分おきくらいに濡れているかどうかを確認し、何分おきにおしっこをしているのかをチェックします。おしっこが出た時間をノートにメモをつけて行くと良いでしょう。

その間隔が、1時間半〜2時間ほどになっていれば、いよいよオムツ外しを始めることができます。

オムツからパンツへ
冬は漏らすと寒い……始めるなら春!

Photo by Shutterstock.com

おしっこの間隔が1時間半以上になったら、オムツからパンツにはき替えましょう。オムツのままトイレトレーニングをする方法もありますが、それだとなかなか上達しません。なぜなら、オムツのまま快適におしっこができるので、子どもにとってわざわざトイレに行く理由がないからです。

そのため、日中は思い切ってパンツに切り替えます。パンツのままおしっこを漏らしてしまうことで不快感を覚え、「トイレでおしっこをしないと、濡れて気持ち悪くなっちゃうんだな」と学べます。

ただし、最初の頃は「でちゃった」と事後報告が大半です。「でそう」と事前に気づく(教えてくれる)のは、少し進んでからになります。

寒い季節は漏らすと冷たいですし、頻繁に着替えさせるのもかわいそうです。季節によって寒暖差がある地域で暮らしている方は、暖かくなり始める春に、トイレトレーニングを開始すると良いでしょう。

ペースに合わせて、トイレに誘ってみよう

Photo by Shutterstock.com

トイレトレーニング上達のコツは、おしっこの間隔に合わせて、親などが「さあ、トイレへ行こう!」と誘ってあげることです。そうすることで、漏らすことなく上手く出来る回数が増えて来ます。

うまくできたときは「上手にできたね!」と褒めてあげましょう。

こうした成功体験が自信につながり、徐々に「出そう」と事前報告できるようになってきます。そして、そのうちにひとりでトイレに行けるようになってくるのです。

また、「おしっこやうんちは、トイレでするもの」「みんなトイレでしてるんだよ」ということを教えるために、絵本を活用するのもおすすめです。

無理強いはせず、子どもの成長に合わせて、励ましながら取り組みましょう。