女性の強い味方!?
「葉酸」パワーって何がすごいの?

2017.03.10 久保田 嘉郎 栄養・料理

Photo by Shutterstock.com

妊活について調べていると、何かと見かける「葉酸」の文字。「葉酸」ってどんな効果があるの? と不思議に思っている方も多いのでは。「葉酸」は普段は注目されない栄養素ですが、女性が摂取しておきたい成分としてはよく話題にのぼるもの。そこで、今回は「葉酸」の効果とおすすめの摂取方法について紹介しましょう。

妊活中の「葉酸」はなぜ必要?

「葉酸」には血の巡りに作用し、妊娠に必要なホルモン分泌をサポートしたり、受精しやすい元気な卵子を作るサポートをする働きがあります。

また、卵子と精子が受精する事によって受精卵となりますが、受精卵が育つ際には、子宮内膜にしっかりとした厚みを持たせるなど、受精しやすい環境づくりにも役立ちます。その後、母体の子宮内膜に着床してグングンと赤ちゃんとして成長し、脳や神経系は妊娠1ヶ月ごろに大部分が作られます。

この脳や神経系が作られるときに大きく関与する栄養素の一つとされているのも「葉酸」です。「葉酸」を十分摂取することで、赤ちゃんの神経系の先天性疾患である二分脊椎症などの予防へとつなげる事が出来ます。

このため日本の厚生労働省では妊娠を希望している女性に対し、「葉酸」の1日摂取目安量を400μg(=0.4mg)と定義しているくらいです。

妊娠1ヶ月目は、そもそも妊娠に気づくかどうかの微妙な時期で、妊娠に気づいてから「葉酸」を摂取しても赤ちゃんの神経系はすでに出来上がっています。そのため、妊活中から意識的に「葉酸」を取り入れる事が、着床する力を高め、受精卵をしっかりと守り赤ちゃんの健康的な成長に不可欠なのです。

「葉酸」さえ飲用していれば体質改善される?

Photo by Shutterstock.com

「葉酸」は妊娠を考えている人や妊娠初期の人に対しては、1日400μg必要とされています。
「葉酸」を多く含んだ主な食品として、ほうれん草、パセリ、菜の花など、緑が濃い野菜が挙げられます。しかし、これら食品だけから400μg摂取するのはなかなか大変なことです(調理前のほうれん草を毎日約1束!)。そして「葉酸」は熱によって栄養素が失われやすいという特性を持っています。ですから、食事だけから望ましい量を摂取しようとするとかなり苦労するものです。そこで、オススメなのが「葉酸」を添加した食べ物や、サプリメントで補うという方法です。

ここで注意しなくてはいけないのは、たくさんとればいいと言うわけではないこと。目安としてはサプリメントと食事を合わせて考えて、1,000μgを超えないようにしましょう。

「葉酸」は水溶性のビタミンであるため、多く摂取しても必要のない分は尿などに含まれ排出されてしまうので心配はいりません。しかし、とり過ぎる生活を続けていると、食欲不振、吐き気といった副作用が出る場合もありますので、妊娠を考えるにあたっては大事な成分ですが、過剰摂取には気をつけましょう。

次ページ:「葉酸」をしっかりとっていれば大丈夫!?