子どもも大人も楽しい南仏最大のお祭りカーニバル!

2017.02.14 KOSSY 世界のママ通信

 

こんにちは。ニースで子育て奮闘中のKOSSYです。
今回は南仏最大のイベントについてレポートしたいと思います。
先日クリスマスバカンスが終わったばかりのニースですが、2月中旬を迎えると子ども達は楽しい冬休みに入ります。2週間ちょっとのこのバカンス期間にはニース住民が待ちに待ったカーニバルが開催されます。

流石にブラジルRIOのカーニバル程の規模ではありませんが、ニースのカーニバルもかなりの規模でヨーロッパ3大カーニバルの一つです。約3週間に渡ってお祭り気分が味わえるのです。
このカーニバルは、山車のパレードと花合戦の二種類があり、子ども達の学校がお休み(公立校は半休)の水曜の午後か、土日に開催され、毎年世界中から旅行客が集まってくるのでホテルは満室状態になります。

巨大山車のパレード

 

パレードの日には、テーマに沿ったとてつもなく巨大な王様や王女様の人形を乗せた山車が街の中心地を練り歩きます。2017年は“エネルギーの王様”がテーマに掲げられました。

観客はカラフルな紙ふぶきや、パーティースプレーを大型スーパーで沢山買い込み、無礼講で騒ぎまくります。
子どもも大人も、友達他人関係無くスプレーのかけ合い合戦が始まります。
とてもエキサイトなイベントで、日ごろのストレスも吹き飛びます。

どこもかしこもお花でいっぱい

 

花合戦では選出された今年の花の女王が山車に乗り、その仲間達と山車から観客に数万本の花を投げてくれます。観客は勿論必死に取り合いますが、ある程度の量を取った人は後ろの観客に分け与えてくれるので、手ぶらで帰る事はありません。
入場料を払っても花を持ち帰れるので、とってもお得です。
このニースのカーニバルシーズンと同時期にお隣のマントン市でレモン祭り、別の街ではスミレ祭りやミモザ祭り等が開催され、どこもかしこも花で埋め尽くされて心が躍ります。

 

子ども達は楽しい仮装!

カーニバル前の時期、幼稚園児から高校生まで各学校で仮装をして楽しむ日があります。
幼稚園児は可愛いプリンセスや妖精、男の子はヒーロー物のコスチュームを身に纏って楽しみます。
コスチュームにお金が掛かっても、カーニバル開催日に着用していると有料席が無料になる特典があるので、毎年買っても元が取れるので惜しまず購入できます(笑)

 

そして、先に紹介したパレードで使った王様の巨大な山車は、なんと最終日に海上で燃やされるのです……。ちょっとビックリしちゃいますが、同時に花火も打ち上げられ華やかなグランドフィナーレを向かえます。ニース市民にとっては、春の訪れが目の前まで来たと知らせる季節の風物詩イベントです。
ニースは夏に訪れたいという方が多いのですが、このように冬ならではのイベントが開催されますので、カーニバルシーズンもお勧めですよ。