買ってよかった! このグッズ 生後5ヶ月~1歳編
離乳食スタート、外食はどうする? お役立ち神アイテム

2017.01.04 荒木 真理子 ライフスタイル

Photo by Shutterstock.com

みなさん、こんにちは。気象予報士の荒木真理子です。
息子との1年間の生活を振り返り、必須アイテムや買ってよかったグッズをご紹介するシリーズ。今回は、離乳食に備える生後5ヶ月から1歳の誕生日を迎えるまでに活躍したアイテムです。世の中には便利グッズが溢れていて、これもあれもと目移りしますが、厳選してご紹介します。

練習不要のストローマグに圧巻!

離乳食スタートにあたって、用意したものがこちらです。

 

すり鉢・こし網

おかゆづくりや野菜の裏ごしにかかせないのが、「すり鉢」と「こし網」。「茶漉し」でも代用できますが、私は“ピジョン”の調理セットを購入。離乳食の初期から、1歳のバースデーケーキのヨーグルトの水切りまで大活躍しました。

蓋付き冷凍用トレー

赤ちゃんが食べる量は少量。おかゆや裏ごしした野菜を冷凍しておけば、必要なときに必要な分だけ使うことができて便利です。キューブの数で食べた量を把握できる点も◎。

電子レンジOKの食器

食事のタイミングは赤ちゃんのご機嫌に左右されます。温め直したり、冷凍したものを解凍したり、電子レンジに頼らざるを得ません。なお、赤ちゃんの食事は、かぼちゃやにんじんなど色素が沈着しやすいものが多いので、色移りを考慮しましょう。私は、お祝いにいただいた“ルクルーゼ”を愛用していました。

ダイニングチェア

おうちのダイニングテーブルにもよりますが、わが家では、成長に合わせて長く使えるグローアップタイプの“ストッケ”のチェアを購入。

ストローマグ

 

これは目から鱗でした。練習が必要と聞いていたストローですが、1回でマスターできたのです!助けてくれたのは、“リッチェル”のストローマグ。大人が蓋を押して手伝うと、飲み物が簡単に出てきます。その日のうちに、自分で取っ手を持って飲めるようになりました。ただし、飲みやすい構造になっている分、漏れやすいですから、外出には、おでかけ用を使いましょう。最終的にはコップになります。

次ページ “外食のハードルがぐっと低くなるアイテム”