男の子あるある
子育て中のママを困らせ、パパを悲しませる3つのエピソード

2017.01.02 北野 啓太郎 パパの育児

Photo by Shutterstock.com

おしゃべりが上手になってきた2歳半男児を子育て中。男性視点の育児サイト「パパやる」を運営する北野啓太郎です。

赤ちゃんって生まれたばかりの頃は、男の子も女の子もおなじようなのに、育てているうちにだんだんと男女の違いが出て来ますよね。今回は、ママを困らせたり、パパを悲しませたりした、わが家の「男の子あるある」エピソードをお伝えします。

ママの洗い方は間違い!
お風呂でのおちんちんのケア

Photo by Shutterstock.com

息子が生後4~5ヶ月の頃、おちんちんが赤くなって病院で診てもらったことがあります。幸い診察結果は軽い炎症。炎症を抑える軟膏を処方されただけで済みました。

ただ、そのときに先生から言われた、「清潔にしてくださいね」の一言が気になり……。

帰宅後、僕は妻に聞きました。「お風呂でちゃんとおちんちん洗ってる?」と。妻は「えっ? 軽く……」と、自信がなさそうな返答。

詳しく聞いてみると、おちんちんの根元(付け根)を洗っていないことが判明したのです。「ちゃんとめくって裏側も洗ってあげないと!」と僕が言うと、「知らなかった」と妻は驚いていました。

男にとっては当たり前のことでも、女性は知らないこともあるんだな、とわかった出来事です。

次ページ “息子に妻を取られた!”