買ってよかった! このグッズ 生後0~4ヶ月編
ムダ買いしてない? 洋服は少しずつ、大きいものはレンタルで

2016.12.18 荒木 真理子 ライフスタイル 育児・健康

みなさん、こんにちは。気象予報士の荒木真理子です。
息子との1年間の生活を振り返り、必須アイテムや買ってよかったグッズをご紹介するシリーズ。
「あれも欲しい! これも欲しい!」わが子を思い、ついつい買ってしまうのが親心。でも、結局使わなかったものもあり、反省……。
今回は、首がすわって寝返りが始まる頃、生後4ヶ月になるまでに役立ったアイテムをご紹介します。

 

出産にあたって購入するものは必要最低限にとどめるべし!

私が、出産までに用意し、実際に活躍したグッズはこちら。

赤ちゃん用

  • ガーゼ
  • コンビ肌着
  • ツーウェイオール
  • 退院時・お宮参り時兼用の衣装
  • おくるみ
  • 授乳クッション
  • おむつ
  • おしりふき
  • ベビーバス
  • ベビーソープ
  • 水温計
  • ベビー服用洗濯洗剤(事前に水通し)
  • 哺乳瓶
  • 哺乳瓶のレンジ消毒器
  • 綿棒
  • 爪切りはさみ
  • 長座布団
  • 母子手帳ケース
  • おむつポーチ
  • バウンサー
  • 抱っこ紐
  • ベビーカー

ママ用

  • ストローつきのペットボトルのふた(産院で横になりながら水分補給するため)
  • 円座クッション(退院時の車で使用)
  • 授乳ルームウェア

赤ちゃんの洋服は、最初は2~3着でOK。お祝いでいただくケースが多いですし、出産して1~2ヶ月は、おでかけの機会はあまりありません。また、サイズは赤ちゃんによってまちまち。ミルクをたくさん飲む子はあっという間にサイズアウト、結局着られないまま季節が過ぎ去ることも……。11月生まれの息子は、60~70サイズの長袖のカバーオールはほぼ着る機会がないまま、夏がきてしまいました。安心しておでかけできるようになったら、徐々に購入していきましょう。

また、私は、ベビーベッドやベビーシートは購入しませんでした。
自宅のソファサイズにあった長座布団を1つ買い、昼間は、自分の目の届くところに長座布団を敷いてお昼寝とおむつ交換、夜は、その長座布団を自分のダブルベッドの上に敷いて一緒に寝ていました。場所が簡単に移動できること、夜は添い寝ができるために寝かし付けが楽、使わなくなったらインテリアになるという3大利点がありました。
ベビーシートは、車に設置するチャイルドシートの赤ちゃん版。退院時に早くも出番となるケースが多いですが、使用期間はあっという間。必要な場合はレンタルで十分でしょう。

次ページ「買ってよかったグッズ! BEST5」