電子レンジをつかったお手軽離乳食レシピ Part1
「タラとブロッコリーのお粥」

2016.12.05 World-Mommy 編集部 栄養・料理

 

赤ちゃんの離乳食は「できれば手作りをあげたい」と思いつつも、少量だけつくるのは面倒だったりしますよね。以前、製氷皿とジップロックを使った冷凍技をお伝えしましたが(離乳食はフリージングしよう! 製氷皿とジップロックは必須のおすすめアイテム)、今回は電子レンジでつくれる手軽な離乳食のレシピをご紹介します。

材料は一年中どこででも手に入りやすく、冬が旬でおいしい野菜、イモ、魚を選びました。

【タラとブロッコリーのお粥】

<材料>

  • タラ、もしくはバサ魚(ベトナムナマズ) 10g
  • ブロッコリー 小ぶりのひと房
  • 炊いたごはん 大さじ2杯分

ブロッコリーを準備する

 
  1. ブロッコリーを水で洗います
  2. 穂先の部分のみを包丁でみじん切りします
  3. 大さじ一杯分ができたら、それを耐熱皿に移します
  4. 耐熱皿に、水・小さじ2杯を加えます
  5. ラップをかけ60秒加熱します
  6. その後、すり鉢でつぶします

タラ(バサ魚)を準備する

 
  1. タラの切り身10gを耐熱皿に入れます
  2. そこに、水・小さじ1杯を加えます
  3. ラップをかけ50秒加熱します
  4. その後、皮や骨を取り除き、すり鉢でつぶします

お粥を準備する

 
  1. ふつうに炊いたごはんから、大さじ・2杯分を取り分けます
  2. ここで使う耐熱皿は、ボウルのような大きいサイズがおすすめです
  3. ごはんに、水・大さじ7杯を加えます
  4. ラップをかけ、4分加熱します
  5. ラップをかけたまま、5分ほど蒸らします
  6. その後すり鉢に移して、できたお粥をつぶします

【もうひと手間】

旨味を効かせたいときは、ごはんに加える水の代わりに、薄めの和だしを使うのもおすすめです。
※参考記事:子どものイライラ解消にも期待!和の『だし』に秘められたパワー

仕上げ

 
  1. 準備したブロッコリー、タラ、お粥をすり鉢に入れ、混ぜるように再びすりつぶします
  2. 盛り付けて、完成です

月齢に合わせて、硬さや量を調整してみてください

今回の料理は、離乳食をはじめて2~3ヶ月目、およそ生後7~8ヶ月の幼児向けにつくりました。お子さんの月齢に合わせて、材料の硬さや量を調整していただければと思います。

電子レンジがあれば、少量の調理はとても便利です。今回ご紹介のレシピ以外にも、ぜひいろいろ試して見てください。

ただし注意点としては、材料は新鮮なものを選び、しっかりと加熱すること。傷みやすい生ものは扱わないようにしてください。また、生ものを入れた器と、加熱後の器が混ざらないようにご注意ください。