女性の大敵
つらーい、冷え性の効果的な対策法

2016.11.10 久保田 嘉郎 育児・健康

Photo by Shutterstock.com

朝晩が冷えるこの時期になると、冷えに悩むママは多いはず。
ある調査によると、女性の半数が冷え性を自覚しているという結果も出ています。そんな冷え性が引き起こす症状は様ざま。肩こりや腰痛、頭痛など、あらゆる不調の原因はこの冷え性に由来するといっても過言ではありません。つまり冷え性は、女性の大敵なのです。

実は、西洋医学には「冷え性」という言葉がありません。そのため、西洋医学では、効果がある対策が立てにくいとも言われています。

人間は体が冷えてしまうと、放熱を防ぐために血管を収縮させます。この状態が続くと、血流が悪くなり、細胞への血液の供給が十分に行われなくなってしまいます。すると、必要な酵素や栄養素が不足し、老廃物が溜まり、細胞の働きも低下するため、体全体に悪影響を及ぼすようになってしまうのです。

Photo by Shutterstock.com

実は危険! 冬の厚着に要注意

私達は、寒いとつい着込みがちになりますが、厚着すると肩コリを引き起こし、血流が悪くなることで、冷えにつながります。
また、ひどい肩コリは自律神経にも影響し、めまいや食欲不振、不眠などにも悪影響を及ぼすことに。
そこで、冷えを感じる季節には、洋服を着込むのではなく、マフラーやスカーフで首まわりを覆い、冷たい外気が入り込まないようにしましょう。
また、カイロを活用するのもおススメです。ただし、カイロを使用する際は、貼る場所に工夫を。

効果的なカイロの貼り方

よく、カイロを背中やおなかにたくさん貼っている人がいますが、カイロを効果的に貼るなら、上半身ではなく、下半身にはりましょう。
なぜなら冷たい空気は下の方にたまりやすく、その冷えが体の上の方に上がってきて腰から下腹部へと及びます。下腹部は、手足と異なり、一度冷えると、なかなか温まりません。ですから、カイロは腰よりも下に貼るほうが良いのです。
また、上半身にはり、温めすぎるとのぼせたりすることもあります。オススメはおへその裏側からおしりにかけての部分。それと、ふくらはぎです。

食事で冷え性対策!

Photo by Shutterstock.com

冷え対策に食事も効果的です。温める作用のある食べ物を、積極的に取り入れましょう。

食べるべき食材は、地面の下に生育するもの。例えば大根、ごぼう、にんじんなどの根菜類、さつまいも、じゃがいも、やまいもなどのイモ類、生姜、レンコンなどです。

イメージとしては土の中へ向かって伸びていく根野菜類が体を温める食べ物です。反対に地上に育つ成長の早いものは体を冷やす効果がある食べ物になります。

また、冷え性の人は、生野菜、果物、生もの、冷たい飲み物を控えて、なるべく火を通し砂糖よりも塩分を多く取るようにしましょう。

ちょっと気をつけるだけでも、冷え性はだいぶ改善されます。あなたも、今日から試してみませんか?